夜 花粉について調査

吐血と喀血、いずれも血を吐くことに変わりはありませんが、喀血というのは喉から肺に続いている気道(きどう、呼吸器の一種)から出血することであり、吐血とは十二指腸(無腸間膜小腸)よりも上の消化管から血が出る病状を言い表しているのです。
自動体外式除細動器(AED)というものは医療資格を保有しない一般の人でも取り扱える医療機器で、AED本体からの音声ガイダンスに応じて対応することで、心臓の心室細動に対する絶大な治療効果を患者に与えます。
エイズウイルス、すなわちHIVを保有する血液や精液、女性の母乳や腟分泌液等のあらゆる体液が、交渉相手などの傷口や粘膜等に触れることで、感染する危険性が大きくなります。
体を動かすのに必要なエネルギー源として瞬時に働く糖分、細胞の生まれ変わりに必ず要るタンパク質など、厳しいダイエットではこういった活動を維持するために外すことのできない要素までも減少させている。
多機能な肝臓に脂質や食物由来コレステロールが付着した状態の脂肪肝という病気は、肝硬変や糖尿病というようないろいろな生活習慣病の合併症を招く恐れがあることをご存知でしょうか。


「体脂肪率(body fat percentage)」というのは、体の中の脂肪が占有する度合いのことであって、「体脂肪率(たいしぼうりつ、パーセント)=体脂肪の量(キロ)÷体重(body weight、キロ)×100」という計算で算出することができます。
一旦永久歯の周りを覆っている骨を脆くさせるまでに酷くなってしまった歯周病は、あわよくば症状そのものが沈静化することがあっても、骨が元通りに再建されることはまずありません。
胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、4~5日くらい薬を飲めば、全般的に多くの患者さんの自覚症状は消失しますが、さりとて食道の粘膜の炎症そのものが完全に治癒したことを意味しないので留意してください。
インキンタムシ(陰金田虫)は20~30代の比較的若い男性に多く見られる傾向があって、ほとんどのケースでは股間の周辺だけに広がり、激しい運動をしたり、お風呂上りなど身体が温まると強烈な痒みをもたらします。
はりを気になる所に刺してもらう、という物理的な程よい複数の刺激は、神経細胞を興奮させて、神経インパルスと称される要は電気信号の伝達を誘発するという考え方が浸透しています。


健康を推進する世界保健機関は、身体に害を与えるUV-A波の無理な浴び過ぎは肌に健康障害をもたらす可能性が高いとして、19歳未満が肌を黒くする日サロ(日焼けサロン)を使用する行為の禁止を広く世界各国に勧告中です。
汗疱(汗疱状湿疹)とは主に手のひらや足の裏、または指の隙間などに小さめの水疱が出る症状で、通常はあせもと呼び、足裏に出来ると足水虫と早とちりされることがよくあるようです。
ヘルニアというものは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨と背骨の間に存在してクッションと同様の役目を持っている椎間板(ついかんばん)という名のやわらかい円形の組織がはみ出てしまった様子を指します。
めまいは診られないのに、しつこい耳鳴りと低音域の難聴を複数回発症する症例のことを区分けして「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール(メヌエル)病」と診断するような事例もままあります。
グラスファイバーでできたギプスは、非常に丈夫で軽量でとても長持ちし、雨などで濡らしてしまっても壊れずに使えるという利点があるため、現在採用されるギプスの中では第一選択肢です。


この記事を書いた人

ライター6

野上 航一郎

フリーライター。サプリメント大好きで色々試したり調査するのが趣味な健康オタク。猫より犬派。最近の趣味はキャンプで野山にいくこと。

ページの先頭へ