スギ 花粉症について調査

内臓脂肪過多による肥満と診断された上で、脂質過多(ししつかた)、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」のうち2項目以上に該当するような状態のことを、内臓脂肪症候群、またの名を「死の四重奏」と呼ぶのです。
めまいが現れず、不愉快な耳鳴りと難聴の症状だけをいつまでも繰り返すタイプのことを区別して「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール病(Cochlear Meniere's Disease)」というような事例がままあります。
グラスファイバーでできたギプスは、強靭で軽いのにとても持ちが良く、なんと濡れても使用できるというメリットがあるため、いまのギプスの第一選択肢と言われています。
痩身目的でカロリーを抑える、食事を抜く、こんなライフスタイルを続けると結果的に必要な栄養までもを不足させ、深刻な冷え性を招いていることは、多くの医師が危惧されていることです。
「とにかく忙しい」「気を遣う様々な付き合いが嫌」「あらゆるテクノロジーや情報のハイレベルな進化に付いていくのが大変だ」など、ストレスがのしかかる因子は人によって異なります。


暗い場所では光不足でものが見辛くなりますが、より一層瞳孔が開くので、眼球のレンズのピントを合わせるのに余分なエネルギーが利用され、結果的に明るい場所で物を見るよりも疲労が大きくなるのです。
脳内にあるセロトニン神経は、自律神経をメンテナンスしたり痛みのブロック、様々な覚醒などを操っていて、大鬱病の患者ではその作用が弱くなっていることが分かっているのだ。
2005年2月1日から新しく特保(特定保健用食品)の入れ物には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」の注意喚起の文言の記述が義務となっている。
脂溶性であるビタミンDは、Caが人体に吸収されるのを促すという機能が特に有名で、血液中のカルシウム濃度を調節して、筋繊維の動き方を適切に調節したり、骨を作り出してくれます。
エイズ(AIDS)とはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染が原因となって生じるウイルス感染症のことで、免疫不全へと至り健康体では感染しにくい病原体による日和見感染やがんなどを発症する病状そのものの事を称します。


ジェネリック医薬品というものは新薬の特許が失効した後に市場に出回る、まったく同一の成分で負担の小さい(薬の価格が高価ではない)後発医薬品のことを意味しています。
コンサートやライブなどの開催される会場や踊るためのクラブハウスなどに設けられた大きなスピーカーのすぐ横で大音量を浴び続けて耳が聞こえづらくなってしまうことを「急性音響性難聴(きゅうせいおんきょうせいなんちょう)」と言います。
子供の耳管の仕組みは、大人の耳管と比較して太目で長さがあまりなく、加えてほぼ水平になっているため、バイキンが侵入しやすくなっているのです。小さな子供が急性中耳炎になりやすいのは、この作りが関係しています。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)とは皮脂分泌の異常により現れる湿疹で、皮脂分泌が乱れる素因としてステロイドホルモンの一種である生殖ホルモンの不均衡やリボフラビンなどビタミンBコンプレックスの慢性的な不足などが考えられます。
学校等集団行動をする際に、花粉症の症状が主因で皆と同じようにしてはつらつと行動ができないのは、子どもにとって辛いことです。


この記事を書いた人

ライター6

野上 航一郎

フリーライター。サプリメント大好きで色々試したり調査するのが趣味な健康オタク。猫より犬派。最近の趣味はキャンプで野山にいくこと。

ページの先頭へ