関西 花粉について調査

チェルノブイリ原発の爆発事故に関するその後の後追い調査のデータをみると、成人に比べて体の小さな子供のほうが漏れた放射能の悪い影響をより受けやすいことが分かるのです。
脂溶性であるビタミンDは、カルシウムが吸収される行程を促進する機能が有名であり、血中のカルシウムの濃度を操って、筋肉の動き方を調整したり、骨を生成します。
天然の化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の一つであるスルフォラファンというブロッコリーに含まれる揮発性の物質が、肝臓から分泌されている解毒酵素のスムーズな創造活動を促進しているかもしれないという新たな事実関係が判明しました。
「肝臓の機能の低下」は、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)等の値によってモニタリングできますが、ここ最近では肝機能が減衰している人達が明らかに増加傾向にあるとのことです。
内臓脂肪が多いことによる肥満が診られ、脂質(lipid)、塩分の摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、高血糖(こうけっとう)の中で2~3個に該当する様子のことを、メタボ(メタボリックシンドローム)と名付けました。


ストレスがかかり、溜まるという経緯や、便利で有用なストレス対処法など、ストレスについて適切な知識を保持している方は、現時点ではまだ少ないようです。
明るくない所だと光不足で見るのが難しくなりますが、より瞳孔が開くので、眼のピントを合わせるのに余分な力が使われてしまい、結果的に明るい場所でモノを見るよりも疲れやすくなるのです。
ピリドキサールは、かの有名なアミノ酸(Amino acid)をクエン酸回路と呼ばれているエネルギーの代謝に欠かせない重要な回路にいれるため、更に細分化するのをサポートする動きもあります。
拡張期血圧90以上の高血圧が長期間継続すると、全身の血管に大きなダメージがかかり、頭頂からつま先に至るまで色々な場所の血管に障害がもたらされて、合併症を起こすリスクが拡大するのです。
音楽会の開催場所や踊るためのフロアなどに据えられているものすごく大きなスピーカーの真正面で大きな音を浴びて耳が遠くなる症状を「急性音響性聴器障害」と言います。


薬やアルコール、合成着色料を始めとした食品の添加物などを酵素によって分解して無毒化する作用の事を解毒(げどく)と言い、肝臓が果たしている大切な役目の一つだということは間違いありません。
子供の耳管の作りは、大人に比べて太くて長さがあまりなく、尚且つ水平に近いため、黴菌が進入しやすくなっています。大人より子供の方が急性中耳炎に罹りやすいのは、これが関わっています。
はりを患部に刺してもらう、という物的な程よい多数の刺激が、神経細胞を活性化し、神経インパルスという名の要するに電気信号伝達を誘発するという見解が広まっています。
ジェネリック医薬品(generic drug)というのは新薬の特許が失効してしまった後に購入できる、まったく同じ成分で金銭的な負担を下げられる(薬の代金の高価ではない)後発医薬品そのものです。
耳鳴りは2種類に大別され、当事者しか聞こえないという特徴を持った「自覚的耳鳴り」と、血液の流れのように当事者以外の人にも品質の高いマイクロホンなどを利用すると響いてくるらしい「他覚的耳鳴り」があります。


この記事を書いた人

ライター4

太刀川 仁美

猫好きの猫アレルギー持ち。くしゃみと鼻水にまみれながら愛猫を溺愛している。研究職からWEB業界へ転職した変わり者。

ページの先頭へ