花粉症 治療法について調査

メタボリック症候群とは診断されなかったとしても、内臓脂肪が多めに付着しやすいような体重過多を抱えることによって、色々な生活習慣病を起こす可能性が高まります。
ビタミン欠乏症である脚気(かっけ)の症状は、両手両足が何も感じない麻痺状態になったり下肢の浮腫みなどが標準で、病状が進むと、最悪の事態では呼吸困難に陥る心不全などを併発する可能性があるということです。
「体脂肪率(percent of body fat )」というものは、人の身体の中の脂肪の占有しているウェートで、「体脂肪率(body fat percentage)=体脂肪の量(kg)÷体重(body weight、kg)×100」という数式で弾きだせます。
むねやけが特徴の逆流性食道炎は、1週間くらい薬を飲めば、一般に約90%の患者さんの自覚症状は無くなりますが、かといって食道粘膜の炎症反応自体が完全に治ったことを意味しないのです。
エイズ(AIDS)はHIV、つまりヒト免疫不全ウイルスの感染が原因となって引き起こされるウイルス感染症の病名で、免疫不全となって些細なウイルスなどによる日和見感染や癌などを発病する病状そのものを指し示します。


内臓脂肪過多の肥満が確認された上で、油脂の摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、高血圧(こうけつあつ)、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」の中で2項目以上に当て嵌まる健康状態を、メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)と呼んでいるのです。
肝臓をいつまでも元気にキープするためには、肝臓の有害物質を無毒化する力が下がらないようにする、別言すると、肝臓を老けさせない対処法に地道に取り組むことが重要だと言われています。
スギ花粉症などの症状(鼻水、酷い鼻づまり、クシャミなど)のせいで夜よく眠れない場合、それが元凶で睡眠不足の状態になり、翌日起きてからの業務内容にダメージを与えるかもしれないのです。
現在、若年層で感染症のひとつである結核に立ち向かう免疫力、すなわち抵抗力を保有していない人々の割合が高くなったことや、早合点のせいで受診が遅れることが主因の集団感染や院内感染が増えていると言われています。
めまいは出ないのに、不快な耳鳴りと難聴を何回も繰り返すパターンのことを区別して「蝸牛(かぎゅう)型メニエール(メニエル)病」という呼称で呼ぶ事があることは意外と知られていません。


人の耳の内部構造は、大きく「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3つに分かれていますが、中耳の近くに黴菌やウィルスなどが付いて炎症ができたり、体液が溜まる症状を中耳炎と呼んでいます。
過食、太り過ぎ、喫煙、運動不足、精神的・肉体的なストレス、加齢というような多様な因子が合わさると、インスリン分泌が衰えたり、働きが落ちたりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症すると考えられています。
脚気(かっけ)の症状は、両手両足が何も感じなくなったり脚の著しいむくみなどが標準で、病状が進行すると、悲しいかな、心不全などを起こすことがあるのです。
ハーバード大学医学校(HMS)の調査によれば、毎日2カップ以上のカフェインの除去されたコーヒーに変えることで、なんと直腸がんの危険性を5割以上も減少させることができたらしい。
胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、4~5日きちんと薬を飲めば、一般的に8割~9割の人の自覚症状は無くなりますが、イコール食道粘膜の傷みや炎症が完全に治ったとは言い切れないので留意してください。


この記事を書いた人

ライター4

太刀川 仁美

猫好きの猫アレルギー持ち。くしゃみと鼻水にまみれながら愛猫を溺愛している。研究職からWEB業界へ転職した変わり者。

ページの先頭へ