花粉症 食べ物 アレルギーについて調査

様々な花粉症の症状(鼻水、酷い鼻詰まり、クシャミ等)のために夜間しっかり睡眠を取れないと、それが災いして慢性的な睡眠不足となり、翌朝目覚めてからの諸活動に良くないダメージを与えることも考えられます。
老化による耳の聞こえ辛さではゆっくりと聴力が低下するものの、通常還暦過ぎまでは聴力の減退をあまり認識できないものです。
不整脈である期外収縮の場合、病気でなくても発生することがあるのでさほど珍しい病気とは限らないのですが、発作が数回に渡って続いて起きるケースは危険なのです。
緊張型頭痛というものは肩こりや首のこり、張りが素因の最も多いタイプの頭痛で、「まるで締め付けられるような強い痛さ」「頭が重たいような鈍い痛み」と言われています。
自転車の転倒事故や屋根からの転落など、強大な圧力がかかった場合は複数の部位に骨折が齎されてしまったり、開放骨折に至ったり、他の臓器が破損することもあり得ます。


汗疱とは掌や足の裏、又は指の間などにプツプツとした小さな水疱ができる皮膚病で、通俗的には汗疹(あせも)と言われており、足の裏に出来ると足水虫と勘違いされることが多くあります。
ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許が失われた後に売られ、新薬とまったく同一の成分で負担が小さくて済む(金額が高価ではない)後発医薬品のことを意味しています。
基礎代謝量というのは睡眠中ではなく覚醒状態で生命活動を維持する(鼓動、呼吸、腎機能の活動、体温や筋肉の緊張の保持など)のに要るミニマムなエネルギー消費量のことをこう呼んでいます。
通常の場合骨折は起こさない位の小さな圧力でも、骨のある定まった所に何度もひっきりなしに力が加わることで、骨が折れてしまう事もあり得るようです。
内臓が脂肪過多になっている肥満と診断され、脂質過多、塩分の摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」のうち2個以上該当する事例を、内臓脂肪症候群と称しているのです。


暴飲暴食、体重過量、喫煙、消費カロリーの低下、人間関係などのストレス、加齢など多様な因子が混ざり合うと、インスリン分泌が鈍化したり、働きが悪くなったりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病(ICD-10:E11)に罹患することになります。
「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが蓄積した状態の脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)という病気は、動脈硬化や肝硬変といったいろんな疾患の素因となる可能性があることをご存知でしょうか。
アルコールをクラッキングする力があるナイアシンは、辛い二日酔いによく効きます。不快な二日酔いの誘引物質とみられている酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド)という物質のクラッキングにも作用しています。
マスクが欠かせない花粉症とは、山の杉やヒノキ、ブタクサなどの飛散するタイプの花粉が原因となり、くしゃみ・目のかゆみ・頭重感・鼻水などの多様なアレルギー症状をもたらす病気なのです。
高熱が出る季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、これまでの膨大な研究の成果により、ワクチンの予防効果を見通せるのは、注射の2週後位からおよそ150日位だろうということが分かりました。


この記事を書いた人

ライター4

太刀川 仁美

猫好きの猫アレルギー持ち。くしゃみと鼻水にまみれながら愛猫を溺愛している。研究職からWEB業界へ転職した変わり者。

ページの先頭へ