花粉症 室内について調査

UV-B波は、UV-A波と比較すると波長が短いという性質があるので大気中のオゾン層を通る際にその一部分が吸収されるものの、地表まで届いたUV-B波は皮ふの表皮内で細胞の遺伝情報(Deoxyribo Nucleic Acid)を壊してしまうなど、皮ふに良くない影響をもたらすと言われています。
いんきんたむし(陰金田虫)は20代~30代の男の人患者が多く、基本的には股間の周辺だけに広がり、激しく身体を動かしたり、風呂上りのように全身が温まると猛烈な掻痒感に襲われます。
現在、若い世代で結核菌(けっかくきん)の免疫力を持たない人々の割合が高くなっていることや、自己判断のせいで受診が遅れることが原因の集団院内感染が増えています。
肝臓を健やかに維持し続けるためには、肝臓の毒素を無毒化する作用が落ちないようにすること、言い換えると、肝臓のアンチエイジング対策を迅速に開始することが効果的だと思われます。
「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、人の身体の中の脂肪が占めているパーセンテージのことを指し、「体脂肪率(percent of body fat、%)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(body weight、kg)×100」という計算式で把握できます。


ヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼び、背骨と背骨の間にあるクッションのような役割を果たしている椎間板(ついかんばん)という名前のやわらかい組織がはみ出てしまった症状の事を称します。
くも膜下出血(SAH)とはそのほとんどが脳動脈りゅうと呼ばれる脳内の血管の瘤(コブ)が破れる事が要因となって起こってしまう恐ろしい病気だと認識されています。
脳内の5-HT(セロトニン)神経は、自律神経のバランスを調整したり痛みの制御、様々な分泌物質の覚醒などをコントロールしており、単極性気分障害の方はその機能が落ちていることが判明している。
「肝臓の機能の低下」については、血液検査項目のASTやALT、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)等3種類の値で診れますが、ここ数年の間に肝機能が悪くなっている人数が増加傾向にあるということが判明しています。
胸焼けが特徴である逆流性胃腸炎は、食事内容が欧米化したことや煙草・お酒を飲むこと・体重過多等の生活習慣が変化したこと、ストレスなどに縁り、殊に日本人に多いという疾患の一つです。


ストレスが蓄積してしまう原理や、手軽で有効なストレス対処策など、ストレスにまつわる詳細な知識を持っている方は、さほど多くはありません。
内臓が脂肪過多になっている肥満が確認された上で、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多」、塩分の過剰摂取などによる「高血圧」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」の中で2個か3個すべてに相当する様子のことを、内臓脂肪症候群と呼びます。
ピリドキシンは、色々なアミノ酸(Amino acid)をTCA回路と呼ばれているエネルギー源を活用するのに欠かせない重要な回路にいれるため、一層クラッキングさせるのを助長するという働きもあると言われています。
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓に内在する血糖値を下げるインスリンを分泌するβ細胞が壊されてしまったことにより、その膵臓からインスリンがほぼ出なくなってしまって発症してしまう糖尿病なのです。
クシャミに鼻みず、鼻詰まりに目の掻痒感・ゴロゴロするような異物が入っている感覚などの花粉症の諸症状は、アレルギー源である花粉の飛ぶ量に比例するかのように悪化してしまう傾向があるというのは周知の事実です。


この記事を書いた人

ライター4

太刀川 仁美

猫好きの猫アレルギー持ち。くしゃみと鼻水にまみれながら愛猫を溺愛している。研究職からWEB業界へ転職した変わり者。

ページの先頭へ