花粉症 夏について調査

ハーバード大学医学部の研究によれば、一般的なコーヒーと比較して1日2~3カップのカフェインの取り除かれたコーヒーを飲用することで、直腸ガン発症する確率を約5割も減らせたということが明らかになっている。
悪性腫瘍である卵巣がんは、正常ならば人体をガンにさせない働きをする物質を生産するための型みたいな遺伝子の不具合で罹患するというのは周知の事実です。
急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、一番症例の多い中耳炎で比較的子供によく起こる病気です。強い耳の痛みや熱、鼓膜の酷い腫れや炎症、耳漏(じろう)などの多様な症状が発生します。
グラスファイバーで作製されるギプスは、衝撃に強くて軽量で持ちが良く、なんと濡れてもふやけないという長所があるため、今のギプスの定番製品だと言えるでしょう。
杉の花粉が飛散する春に、小児が体温はいつもと変わらないのにクシャミを連発したりずっと鼻水が止まないような具合なら、その子は『スギ花粉症』の恐れがあります。


体を撫でることなどで、入居者さんがセラピーキャットのことを愛おしく思った場合に「優しさのホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが多く分泌されて、ストレスの緩和や癒しなどに繋がっていくのです。
アミノ酸のひとつであるグルタチオン(GSH)は、細胞の機能を悪くしたり変異をもたらすような人体に悪影響を及ぼす有害物質を体の中で解毒し、肝臓の機能性を促進するような特性が認められているのです。
UV-Bは、UV-Aと比較して波長が短いという特徴があり、大気中に存在するオゾン層を通過する際に一部分が吸収されるのですが、地表に達したUV-B波は肌の表皮の中で細胞の遺伝情報(Deoxyribo Nucleic Acid)を壊すなど、肌にとって悪い影響を与えるのです。
音楽会の開催される施設や踊るためのフロアなどにある大きなスピーカーのすぐ近くで大音量を聞き続けて難聴になる症状を「音響外傷」と言っているのです。
吐血(とけつ)も喀血(かっけつ)も口腔からの出血に変わりはありませんが、喀血の方は喉から肺を繋いでいる気道(きどう、呼吸器)からの出血のことで、吐血というのは十二指腸よりも上部にある消化管から出血する病状を指しているのです。


高熱が出る季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、膨大な研究の成果から、予防接種の効果が望めるのは注射した日の2週後位からおよそ150日くらいだろうということが判明しています。
70代以上のお年寄りや慢性的な病気のある方などは、とりわけ肺炎にかかりやすくて治りにくいという傾向があるため、常日頃の予防や早めの処置が大事なのです。
基礎代謝量(kcal)は睡眠中ではない状態で生命を保つ(鼓動、呼吸、腎臓の動き、体温や筋肉の緊張のキープなど)ために必要となる理論上の最小限のエネルギー消費量の事をこう呼ぶのです。
ともすると「ストレス」は、「溜めないようにするもの」「除外しなければいけない」と考えがちですが、実際は、人は様々な種類のストレスを経験するからこそ、生活していくことに耐えられるようになっています。
環状紅斑というのは環状、所謂円い形状の紅い色の発疹や鱗屑(りんせつ)など、皮膚のトラブルの総合的な病名であり、理由は本当に多種多様だということができます。


この記事を書いた人

ライター4

太刀川 仁美

猫好きの猫アレルギー持ち。くしゃみと鼻水にまみれながら愛猫を溺愛している。研究職からWEB業界へ転職した変わり者。

ページの先頭へ