花粉症 民間 療法について調査

緊張性頭痛とは肩凝りや首こり、張りから起こる患者数が多い頭痛で、「頭を締め付けられるような激しい頭痛」「重いような頭痛」と表現される症状が特徴です。
耳鳴りは大きく2種類に分けることができ、当事者にしか感じられないタイプの「自覚的耳鳴り」と、血流のように本人だけでなく他の人にも精度の高いマイクロホンを利用してみると響いてくるタイプの「他覚的耳鳴り」とがあるそうです。
ストレスが蓄積する構造や、簡単なストレスケア方法など、ストレスに関わる正確な知識を学んでいる人は、まだまだ少ないようです。
季節性インフルエンザのワクチンでは、これまでの膨大な研究の成果から、予防効果が望めるのは接種の14日後から約5カ月間位と考えられているのです。
普段からゴロンと横向きになったままでTV画面を見ていたり、デスクの上で頬杖をついたり、ハイヒールなどを日常的に履くという習慣は体の上下左右の均衡を悪くする素因になります。


基礎代謝(Basal Metabolism)とは人間が動かずにじっとしていても燃焼するエネルギーのことで、大半を全身の骨格筋・最大の内臓である肝臓・大量の糖質を消費する脳が占めているのです。
スギの木の花粉が飛ぶ時に、まだ小さなお子さんが発熱はみられないのに頻繁にくしゃみをしたり水っぱなが止まる気配をみせない症状に当てはまったら、残念ながら杉花粉症の可能性があります。
陰金田虫(インキンタムシ)とは、医学上では股部白癬(こぶはくせん)と言われており、かびの一種である白癬菌が陰嚢、股部、臀部などの部分に何らかの理由でうつってしまい、定着する感染症であり簡単に言うと水虫です。
2005年(H17)年2月より新しく特保(特定保健用食品)の外観には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意喚起のフレーズの記述が義務化した。
いんきんたむしとは、医学上では股部白癬と言い、かびの一種の白癬菌が股間や陰嚢、お尻などの部分にうつってしまい、棲みつく感染症で俗に言う水虫のことです。


ビタミン欠乏症である脚気の症状は、主に両手両足が麻痺したり脚の著しいむくみなどが典型で、病状が進行すると、最も重症のケースでは呼吸困難に陥る心不全などを連れてくる可能性があるとのことです。
一旦歯の周りを覆っている骨を浸食するほど悪化してしまった歯周病は、悲しいことに炎症が落ち着いたとしても、失ったエナメル質が元の量になることはないに等しいと言われています。
ともすると「ストレス」は、「溜めてはいけない」「除去しなければいけない」と敬遠しがちですが、実を言えば、私たちヒトは日々ストレスを感じているからこそ、生活していくことに耐えられます。
花粉症というのは、杉やヒノキ、マツなどの飛散するタイプの花粉が元凶となって、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・鼻水などのアレルギーを引き起こす病気だといえます。
アミノ酸の一つであるグルタチオン(Glutathione、GSH)は、細胞の機能を低減したり突然変異を誘引する悪質な物質を体の内側で解毒し、肝臓の動作を促進するような働きが判明しています。


この記事を書いた人

ライター4

太刀川 仁美

猫好きの猫アレルギー持ち。くしゃみと鼻水にまみれながら愛猫を溺愛している。研究職からWEB業界へ転職した変わり者。

ページの先頭へ