花粉症 12月について調査

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というものは目覚めている覚醒状態で生命を維持していく(心臓の鼓動、鼻からの呼吸、腎臓の動き、体温や筋緊張の保持など)のに要る理論上のミニマムなエネルギー消費量のことをこう呼んでいるのです。
緊張性頭痛はデスクワークなどでの肩凝り、首の凝りから起こる最も多いタイプの頭痛で、「まるで締め付けられるような強烈な痛み」「重苦しい頭痛」と言い表されることが多いようです。
インキンタムシというのは、医学上は股部白癬と呼んでおり、かびの仲間である白癬菌が陰嚢や股部、お尻などの場所に何らかの理由でうつり、定着した病気の事であり簡単に言うと水虫のことです。
強い痛みを伴うヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨の間に存在して緩衝材の役目をする椎間板という名の柔らかい円形の線維軟骨がはみ出してしまった状態を指します。
3種類のアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione-SH、GSH)は、細胞の機能を鈍化させたり突然変異をもたらすような悪影響を及ぼす物質を体の内部で無毒化し、肝臓の機能性を促す力が判明しています。


めまいは診られないのに、長時間続く耳鳴りと低音域の難聴の症状だけを何回も繰り返すケースを区別して「蝸牛(カタツムリ)型メヌエル病」という名前で呼ぶ場合がよくあります。
日本における結核への対策は、長年、1951年に誕生した「結核予防法」に従う形でなされてきましたが、平成19年からは他の数ある感染症と一緒に「感染症法」という名の法律に沿って実行されることになったのです。
アルコールを分解する肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが蓄積した脂肪肝(しぼうかん)という病気は、肝硬変に始まる多種多様な生活習慣病の合併症を誘発するかもしれません。
BMI(体重指数)の計算式はどこの国も共通ですが、BMI値の評価基準は各国それぞれ異なっていて、(社)日本肥満学会ではBMI22を標準、BMI25以上の場合だと肥満、18.5未満だと低体重と位置付けています。
「常に時間に追われている」「粘着質な付き合いが苦手だ」「あらゆるテクノロジーやインフォメーションのめざましい高度化に追いつくのが大変」など、ストレスが蓄積されてしまう原因は人によって違うようです。


学校・幼稚園などの大勢での集団行動をする時に花粉症の症状の為にクラスの皆と等しく楽しく走り回れないのは、本人にとっても悲しい事でしょう。
高血圧(hypertension)がある程度続くと、体中の血管に重いダメージがかかった結果、身体中の色々な血管にトラブルがもたらされて、合併症を発症してしまう率が高くなるのです。
ポリフェノールで最も有名な特性は水溶性のV.C.(ビタミンC)やV.E.(ビタミンE)などとは違って、細胞間の水溶性の部分や脂溶性部分、加えて細胞膜でも抗酸化作用があるそうです。
スギの花粉が飛散する1月から4月の時期に、幼いお子さんが体温は異常ないのにしょっちゅうクシャミしたりサラサラした水っ洟が止む気配をみせない症状だったなら、もしかしたら『スギ花粉症』の可能性が高いといえます。
アルコールをクラッキングする力のあるナイアシンは、ゆううつな二日酔いに効果的な成分です。不快な宿酔の因子だといわれる酢酸アルデヒドという物質のクラッキングに作用します。


この記事を書いた人

ライター6

野上 航一郎

フリーライター。サプリメント大好きで色々試したり調査するのが趣味な健康オタク。猫より犬派。最近の趣味はキャンプで野山にいくこと。

ページの先頭へ