花粉 夏について調査

3つのアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione-SH)には、細胞の機能を低下させたり変異を誘引する人体に有害な物質を体の中で無毒化し、肝臓の働きを促すような特性が確認されているのです。
トコトリエノールの機能の中では酸化を防ぐ作用が殊更認識されていると思いますが、それ以外に美肌作用や、血清コレステロールの生成を抑えたりするということが確認されています。
脳卒中のくも膜下出血(SAH)は9割弱が「脳動脈りゅう」という血管にできる不要なこぶが破裂して出血してしまう事が要因となって引き起こされてしまう死亡率の高い病気なのです。
WHO(World Health Organization)は、紫外線A波の著しい浴び過ぎが皮ふの病気を起こす可能性が高いとして、18歳以下の男女が肌を黒くする日焼けサロンを使用することの禁止を先進国に求めている最中です。
BMIを求める式はどこの国でも同じですが、数値の位置づけは国によってそれぞれ異なり、JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY(JASSO)ではBMI値22が標準体重、25以上の場合だと肥満、18.5未満を低体重と決めています。


亜鉛は、デオキシリボ核酸やタンパク質の合成に作用する色々な酵素や、細胞・組織の維持活動に深く関わる酵素など、約200種類以上存在する酵素の構成要素としてなくてはならないミネラルなのです。
スギの木の花粉が飛散する時に、小さなお子さんが体温は平熱なのにしょっちゅうくしゃみしたりサラサラした鼻みずが止まる気配をみせない具合なら、残念ながら杉花粉症の可能性があるかもしれません。
チェルノブイリ原発の事故に関する数十年に及ぶ被害者の追跡調査のデータから、大人と比較して体の小さな子どものほうが拡散した放射能の深刻なダメージを受容しやすくなっていることが分かります。
UV-B波は、UV-A波よりも波長が短いという特性があるため大気中のオゾン層を通過する際にその一部が吸収されますが、地上まで届いたUV-Bは皮ふの表皮の中で細胞のデオキシリボ核酸(遺伝情報)を破損させるなど、肌に悪い影響を与えることになります。
気分障害の一種であるうつ病は副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が不足した結果、憂うつ感、不眠、著しい倦怠感、食欲不振、体重減少、強い焦り、意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症になると自殺企図等の様々な症状が2週間以上続くのです。


アルコールをクラッキングするという作用のあるナイアシンは、不快な宿酔によく効く成分です。辛い二日酔いの大元である酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド)という物質の分解に関係しているのです。
環状紅斑(かんじょうこうはん)とは何かというと輪状、要するに輪っかのようなまるい形をした紅い色の湿疹や鱗屑など、皮ふ病の総合的な名前ですが、その素因は本当に多種多彩だといえるでしょう。
国民病ともいわれる花粉症とは、山林のスギや檜、ブタクサなどの花粉が原因となり、クシャミ・皮膚の痒み・微熱・鼻詰まり・鼻水などの辛くて不快なアレルギー症状を引き起こす病気として認識されています。
体脂肪量は変動が見られないのに、体重だけが食物の摂取や排尿等により一時的に増減するケースでは、体重が増加すると体脂肪率(body fat percentage)は下がり、体重が減った人の体脂肪率が上がることがわかっています。
寝姿を見ることなどで、被介護者が猫のことをとても愛おしいと思う時に「愛情のホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌され、結果としてストレス軽減や癒やしに結びつくのです。


この記事を書いた人

ライター4

太刀川 仁美

猫好きの猫アレルギー持ち。くしゃみと鼻水にまみれながら愛猫を溺愛している。研究職からWEB業界へ転職した変わり者。

ページの先頭へ