花粉 8月について調査

アミノ酸の一つであるグルタチオン(Glutathione-SH)には、細胞の機能を落としたり突然変異を誘発する人体に悪影響を及ぼす有害物質を体の中で解毒し、肝臓の動作をより良くする特性が明らかになっています。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というものは皮脂分泌の異常が原因で引き起こされる発疹・発赤で、皮脂の分泌異常の素因としてはアンドロゲンとエストロゲン・ゲスターゲンのバランスの乱れやリボフラビンなどビタミンBコンプレックスの不足などが大きいと言われています。
体重過多に陥っている肥満というのは言うまでもなく栄養バランスや食生活の質、運動不足などが原因ですが、量の等しい食事であっても、慌てて食べ終わる早食いをし続けたならば脂肪過多に陥っている肥満(obesity)を招きやすくなると考えられています。
薄暗い所だと光量不足のため見えづらくなりますが、より一層瞳孔が開くので、目のレンズのピントを合わせるのに多くのエネルギーが使用されてしまい、日の差す場所でモノを見るよりも疲れやすくなるのです。
自動体外式除細動器(AED)というのは医療資格を持っていない一般の人でも取り扱うことのできる医療機器で、本体から発せられる音声ガイダンスの手順に沿って動くことで、心室細動に対しての処置の効果をもたらします。


AED(Automated External Defibrillator)とは医療資格を持たない人にも扱うことのできる医療機器で、機器本体から発せられる音声ガイダンスが指示してくれる通りに使うことで、心臓が細かく震える心室細動に対しての緊急処置の効果をいかんなく発揮します。
緊張性頭痛というのはデスクワークなどでの肩こり、首のこり、張りが原因の患者数が多い慢性頭痛で、「ギュッと締め付けられるような痛さ」「頭が重たいような耐え難い痛さ」と言われます。
筋緊張性頭痛とはデスクワークなどでの肩こり、首凝りから来る肩凝り頭痛で、「ギュッと締め付けられるような激しい頭痛」「重くてたまらない鈍い痛み」と言われます。
ポリフェノール最大の作用は水溶性のL-アスコルビン酸や脂溶性のビタミンEなどとは異なって、細胞間の水溶性部分や脂溶性部分、更には細胞膜でも酸化を予防する作用を発揮するのです。
1型糖尿病という病気は、膵臓(すいぞう)に存在している血糖値を下げるインスリンを分泌しているβ細胞が何らかの理由で壊れてしまうことから、あろうことか膵臓からインスリンがほぼ分泌されなくなり発病してしまうという生活習慣とは無関係の糖尿病です。


期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、特に病気ではなくても症状が出ることがあるためさほど珍しい健康障害ではないといわれていますが、発作が幾度も相次いで起こる時は楽観視できません。
必要な栄養を網羅した食事を1日3回とることやスポーツは無論、心身双方の健康や美容を目的とし、補助として数種類のサプリメントを服用する事が珍しくなくなっているのです。
下腹部の激しい痛みを特徴とする病には、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、腎や膀胱などの尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍ができる潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症が起こる急性腹膜炎、子宮の疾患等の病名が聞かれます。
ハーバード大学医学部(HMS)の調査結果によれば、一般的なコーヒーと比較して1日あたり2カップよりも多くカフェインの除去されたコーヒーに変えると、直腸ガン発症率を半分以上は減らせたのだ。
基礎代謝は人間が横たわっていても燃えてしまうエネルギーのことですが、その半分以上を様々な骨格筋・内臓の中で最も大きな肝臓・脳の3つで使うというのが今や常識となっています。


この記事を書いた人

ライター6

野上 航一郎

フリーライター。サプリメント大好きで色々試したり調査するのが趣味な健康オタク。猫より犬派。最近の趣味はキャンプで野山にいくこと。

ページの先頭へ