花粉 3月について調査

拡張期血圧90以上の高血圧がある程度続くと、全身の血管に大きな負担がかかった挙句、体中至る所の様々な血管にトラブルが起こって、合併症を発症する率が高まるのです。
緊張型頭痛というのは肩凝り、首筋の凝り、張りから来る患者数が多い頭痛で、「頭を力いっぱい締め付けられるような痛さ」「頭が重いような鈍い痛さ」と表現されています。
トコトリエノールの働きとしては酸化を遅らせる機能が格段に認識されてはいますが、他にも肌をきれいにする効果や、血清コレステロールの生成を抑えたりすることが確認されています。
マスクが欠かせない花粉症とは、山林の杉やヒノキ、マツ、ブタクサなどの草木の花粉がアレルゲンとなって、くしゃみ・目のかゆみ・頭重感・微熱・鼻水などのゆううつなアレルギー症状を発症させる病気だということは、今や常識となりました。
陰金田虫(いんきんたむし)は20代~30代の比較的若い男の人に多く見られる傾向があり、ほとんどの場合は股間の辺りだけに広がり、激しく運動したり、入浴した後など全身が温まると激しい掻痒感を招きます。


ハーバード・メディカルスクール(HMS)の研究によると、一般的なコーヒーと比較して1日2カップ以上カフェインレスのコーヒーを代用すれば、直腸ガン発症する確率を半分以上減らせたそうだ。
ジェネリック医薬品(generic drug)というものは新薬の特許が失効した後に購入できる、新薬とまったく同じ成分で経済的な負荷が少なくて済む(価格が高価ではない)後発医薬品のことを指します。
塩分と脂肪の摂取過多を控えた上で続けられる運動を行い、ストレスの少ない生活を続けることが狭心症を起こす動脈硬化を未然に防ぐ方法だといえます。
基礎代謝量(kcal)というのは睡眠中ではなく覚醒状態で命を保つ(心臓の鼓動、口や鼻からの呼吸、腎臓の様々な働き、体温や筋緊張の保持等)ために必ず要る最も低いエネルギー消費量の事を指しているのです。
季節性インフルエンザ(seasonal influenza)のワクチンでは、膨大な研究によって、予防の効能を望めるのは、ワクチン接種日のおよそ2週後から150日間ぐらいということが分かりました。


くしゃみに鼻みず、鼻詰まりや目のかゆみ・ゴロゴロするような感覚などの花粉症の不快な諸症状は、アレルギーの誘因である花粉の放出された量に追従して悪化の一途を辿るという特徴があるようです。
スギ花粉が飛ぶ1月~4月の間に、お子さんたちが体温はいつもと変わらないのにしょっちゅうくしゃみをしたり水のような鼻みずが止んでくれない具合なら、残念ながら『スギ花粉症』の可能性があるでしょう。
食事という行為は、食べようと思った物をなんとなく口へ入れて幾度か咀嚼して後は飲み込むだけだが、その後も体は実にまめに機能して異物を人体に取り込む努力を続ける。
気分障害のうつ病は脳の中の神経伝達物質の「セロトニン」が足りず、不眠、憂うつ感、なかなか抜けない疲労感、食欲低下、強い焦燥感、極端な意欲の低下、希死念慮、そして重症化すると自殺企図等の深刻な症状が見られます。
肝臓をいつまでも健やかに維持し続けるためには、肝臓の有害物質を無毒化する力が衰えないようにする、言い換えると、肝臓を老化させない対策を実行することが必要なのです。


この記事を書いた人

ライター4

太刀川 仁美

猫好きの猫アレルギー持ち。くしゃみと鼻水にまみれながら愛猫を溺愛している。研究職からWEB業界へ転職した変わり者。

ページの先頭へ