花粉 2019について調査

細菌の感染によって起こる急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、一番代表的な中耳炎で子どもによくみられます。強烈な耳痛や38℃台の発熱、ひどい鼓膜の炎症、耳漏(耳だれ)などの耳の症状が発生するのです。
骨折してひどく出血した際は、急に血圧が下がって目の前が暗くなるようなめまいやふらつき、冷や汗、悪心、顔面蒼白、座っていても起こる意識喪失などの不快な脳貧血の症状が起こるケースもよくあります。
ちょっとした捻挫だろうと自己判断し、湿布を貼って包帯やテーピングなどで患部を固定し、様子を窺うのではなく、応急処置をしてからすぐに整形外科で診察してもらうことが、完治への近道だといえるのです。
20代、30代で更年期が訪れるとすれば、医学用語で表すと「早発閉経(そうはつへいけい)」という病気のことを指します(日本の場合は40才未満の女性が閉経してしまう状態を「早発閉経(POF)」と定義しています)。
3つのアミノ酸から成るグルタチオン(Glutathione、GSH)には、細胞の機能を鈍化させたり突然変異を招く人体に悪影響を及ぼす有害物質を体の内部で解毒し、肝臓の性能を強める働きが明らかになっているのです。


胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、食生活が欧米化したことや能動喫煙・アルコール類・体重過多等の生活習慣が乱れたこと、ストレスなどにより、ここ数年日本人に多く発病している病気だといえます。
胸痛を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科的な措置では大半の病院で「大動脈内バルーンパンピング法」に加えて「大動脈冠動脈(だいどうみゃくかんどうみゃく)バイパス移植手術」の双方の手術の方法が一般的に使われています。
結核をもたらす結核菌は、人間が「咳」をすることによって室内に散り、空中でフワフワと流れているのを別の誰かが空気と一緒に吸い込むことでどんどん拡がっていきます。
「あまりにも忙しい」「面倒なお付き合いが多すぎる」「あらゆるテクノロジーや情報の高度な進化に付いていくことで精一杯」など、ストレスが溜まる原因は人によって違うようです。
肥満(obesity)の状態というのは大前提として摂取する食物の種類や食生活の質、運動不足が誘因ですが、量の変わらない食事であれ、短時間で終了する「早食い」をし続けたならば脂肪過多に陥っている肥満(obesity)を招きやすくなると言われています。


アイコンタクトで、要介護者が犬のことをとても愛おしく感じることでオキトキシンというホルモンが多く分泌されて、ストレスを軽減したり精神の癒しなどに結びつくのです。
近年患者数が増加している花粉症とは、山のスギや檜、ブタクサなどの虫によって媒介されない花粉が元凶となって、クシャミ・皮膚の痒み・鼻づまり・鼻みずなどの不快なアレルギー症状を生ずる病気であることは言うまでもありません。
耳鳴りの種類には当事者にしか感じられないような「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音などのように他の人にも高性能のマイクロホンを利用してみると聞けるような「他覚的耳鳴り」があります。
通常ならば骨折は起こさない位の僅かな圧力でも、骨の一つの部分に複数回にわたって休みなくかかってしまうことで、骨折が起こってしまうことがあるので注意しなければいけません。
「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に中性脂質やコレステロールが付着した状態の脂肪肝(fatty liver)は、動脈硬化や狭心症というような非常に多くの生活習慣病の合併症の素因となる可能性があるといわれています。


この記事を書いた人

ライター6

野上 航一郎

フリーライター。サプリメント大好きで色々試したり調査するのが趣味な健康オタク。猫より犬派。最近の趣味はキャンプで野山にいくこと。

ページの先頭へ