花粉 10月について調査

メタボリックシンドロームであるとは断言されていなくても、臓器に脂肪が溜まりやすい性質のよくない体重過多になる事によって、辛い生活習慣病に罹患しやすくなります。
むねやけが主訴の逆流性食道炎は、食事が欧米化したことに加えて受動喫煙・お酒を飲むこと・肥満症などの生活習慣が変化したこと、ストレスなどによって、近年日本人に増加している疾患なのです。
「体脂肪率(body fat percentage)」というものは、体内の脂肪が占める%のことを言い、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)=体脂肪量(somatic fat volume)÷体重(body weight、キログラム)×100」という式で分かります。
インキンタムシ(陰金田虫)は20代~30代の男性に多く見られる傾向があり、大体股間の辺りにのみ広がり、運動をしたり、風呂から上がった後など身体が熱くなった時に激しい掻痒感があります。
AIDS(エイズ)とはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染により罹患するウイルス感染症の病名であって、免疫不全を引き起こし些細なウイルスなどが原因の日和見感染やがんなどを複数発症してしまう病状全般を指しているのです。


下腹部の強い痛みの元凶となる代表的な病には、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、腎や尿管などの尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍やびらんができる潰瘍性大腸炎、腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、子宮の病気等がみられるようです。
肝臓を元気な状態にキープするためには、肝臓の有害物質を無毒化する力が落ちないようにすること、別言すると、肝臓のアンチエイジング対策に地道に取り組むことが効果的だと思われます。
BMIを求める式はどの国も同じですが、BMI値の評価は国単位で違いがあり、(社)日本肥満学会(JASSO)ではBMI値22を標準体重とし、25以上だと肥満、18.5未満を低体重と定めています。
若年層で感染症の一種である結核に抗する力の無い人たちの割合が高いことや、早合点のために診断が遅れることが誘因の集団院内感染の発生頻度が高いようです。
一見すると「ストレス」は、「溜めてはいけないもの」「除去しなければいけない」ものと捉えがちですが、実のところ、ヒトは大小のストレスを感知するからこそ、活動することができています。


人間の耳の構造は、大きく「外耳(がいじ)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」に分類できますが、この中耳のところにばい菌やウィルスなどがうつり、炎症が発症したり、液体が溜まる病気が中耳炎なのです。
30才から39才までの間に更年期になるとしたら、医学的な言葉で表すと「早発閉経(POF)」という病のことを指します(我が国の場合40歳以下の女の人が閉経する状態を「早期閉経(premature menopause)」と呼んでいます)。
脚気(かっけ)の症状は、四肢が何も感じなくなったり下肢の著しい浮腫みなどが標準で、症状が進んでしまうと、最悪の事態では呼吸困難に至る心不全を併発する可能性があるのです。
高齢の方や病を持っている人などは、より肺炎を発病しやすく治りにくいというと言われているので、予防に対する意識やスピーディな手当が大切なのです。
内臓が脂肪過多になっている肥満が診られて、脂質(ししつ、lipid)、高血圧、血糖(sugar in the bloodblood sugar)の中で2~3個に一致するようなケースを、メタボリックシンドローム、またの名を「死の四重奏」と言っています。


この記事を書いた人

ライター6

野上 航一郎

フリーライター。サプリメント大好きで色々試したり調査するのが趣味な健康オタク。猫より犬派。最近の趣味はキャンプで野山にいくこと。

ページの先頭へ