稲 花粉について調査

気分障害のうつ病というのは脳の中で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が不足することにより、憂うつ、数時間しか眠れない不眠、疲労感、食欲低下、体重減少強い焦燥感、意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、自殺企図など様々な症状が出現するのです。
鍼灸の鍼を皮膚に刺してもらう、というフィジカルな程よい多数の刺激は、神経細胞の活動を促し、神経インパルスという名のいわば電気信号伝達を誘発するという考え方が浸透しています。
物を食べる時は、次に食べたいと思った物を気軽に口へ運んで幾度か噛んで嚥下するだけだが、その後も体は実によく機能し異物を身体に取り込むよう努力しているのだ。
高血圧の状態になってしまうと、身体中の血管に大きなダメージが与えられ、頭頂からつま先まであちこちの血管にトラブルが生じて、合併症を招いてしまう割合が拡大します。
食事という行動は、食べたいと感じた物を気軽に口に運んで20回前後咀嚼して飲み下すだけだが、その後人体は実に律儀に動き食物を体に取り込む努力を続ける。


植物の中に存在する化学物質、フィトケミカルの一種のスルフォラファンというブロッコリーに含まれている物質が、肝臓が分泌している解毒酵素の機能的な創造を促しているかもしれないという事実関係がわかりました。
基礎代謝量というのは就寝中ではない状態で生命を保つ(鼓動、口からの呼吸、腎臓の活動、体温や筋緊張の保持など)のに欠かせない最も小さいエネルギー消費量の事を指しているのです。
好気性桿菌の結核菌は、感染している人がゴホゴホと「咳」をすることで内気に散布され、空気中でフワフワと流れているのを今度は別の人が吸い込むことで次々に感染していきます。
むねやけが特徴の逆流性食道炎は、4日前後ちゃんと服薬すれば、押しなべて9割前後の患者さんの自覚症状は消えてなくなりますが、イコール食道粘膜の炎症反応そのものが引いたわけではないようです。
ストレスがかかり、溜まってしまう理屈や、簡単なストレス対策法など、ストレスの基本的な知識を学ぼうとする人は、今のところ少ないようです。


悪性の腫瘍である卵巣がんは、本来、人の体をがんから保護する働きをする物質を分泌するための型である遺伝子が異常をきたすことで発病してしまうというのは周知の事実です。
触れ合うことで、人間が猫のことを可愛らしいと感じることで「優しさのホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌され、最終的にはストレス緩和や癒しなどに結びつきます。
臓器である前立腺はその成長や働きに雄性ホルモン(男性ホルモン)がとても大きく関連していて、前立腺のガンも同じく、雄性ホルモンの作用で大きく成長してしまいます。
収縮期血圧140以上の高血圧がある程度続くと、全身の血管に強いダメージがかかり、頭のてっぺんから足の爪先までいろんな血管に障害が起こって、合併症を併発する度合いが拡大します。
ブラッシングで、入居者さんが猫のことを可愛いと思う時に「絆のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌された結果、ストレスを緩和したり癒しに繋がります。


この記事を書いた人

ライター6

野上 航一郎

フリーライター。サプリメント大好きで色々試したり調査するのが趣味な健康オタク。猫より犬派。最近の趣味はキャンプで野山にいくこと。

ページの先頭へ