秋 花粉 種類について調査

もし婦人科の検査でやはり卵胞ホルモンと黄体ホルモンの量が足りず早発閉経(そうはつへいけい・POF)だと分かった場合、その女性ホルモンを補ってあげる処置などで治せます。
脳卒中のクモ膜下出血はそのほとんどが「脳動脈りゅう」という血管にできる不要なこぶが破れてしまう事によって起こってしまう深刻な脳の病気だという知識を多くの人が持っています。
食べ過ぎ、肥満、運動不足、不規則な生活、心身両面のストレス、加齢というような複数の原因が絡むと、インスリン分泌が鈍化したり、働きが衰えたりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病を発病するのです。
腰などが痛むヘルニアとは正しくは椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨の間に存在してクッションに近い役目を担っている椎間板(ツイカンバン)という名前の柔らかくて円い形をした組織が飛び出した状態を示しています。
結核菌(Mycobacterium tuberculosis)は、人間が「せき」をすることで内気の中に放たれ、空中にフワフワ浮かんでいるのを違う誰かが吸い込むことにより拡がっていきます。


クシャミや鼻みず、鼻づまりや目の掻痒感・異物が入っているような感じなどの花粉症の代表的な症状は、アレルギーの原因である花粉の放出された量に比例したように酷くなってしまうという特性があるとのことです。
様々な花粉症の緒症状(鼻水、酷い鼻詰まり、クシャミなど)のせいで夜しっかり睡眠を取れないと、それが要因で睡眠不足になり、翌朝からのすべての活動に悪いダメージを及ぼすこともあります。
植物中に存在する化学物質、フィトケミカルの類であるスルフォラファン(sulforaphane)という揮発性の物質が、肝臓が分泌している解毒酵素そのものの正常な生産活動を促進しているかもしれないという新たな事実が明らかになってきました。
めまいは起こらないのに、しつこく不快な耳鳴りと難聴の症状のみを幾度も繰り返すケースのことを区分けして「蝸牛(カタツムリ)型メニエル病」という症例もよくあります。
胸痛や胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科的な施術では「大動脈内バルーンパンピング法(IABP法)」と「冠動脈大動脈バイパス手術」という2種類の手術が熱心に用いられています。


ハーバード医科大学(HMS)の調べによると、通常のコーヒーと比較して1日あたり2~3カップのノンカフェインコーヒーを飲用することで、驚くことに直腸癌の発症率を半分以上減少させることができたらしい。
クシャミに鼻みず、鼻詰まりに目のかゆみ・ゴロゴロするような異物が入っている感じなどの花粉症の代表的な諸症状は、アレルギーの原因となる花粉の飛散する量に比例しているかのように深刻になってしまうという傾向があるということが明らかになっています。
「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に脂肪(脂質)やコレステロールが付着した状態の脂肪肝(fatty liver)は、動脈硬化や脳梗塞を始めとする様々な病を招く可能性があるのです。
脚気(beriberi)の症状は、四肢が麻痺したり下肢の著しい浮腫みなどが一般的で、症状が進行すると、最悪のケースでは呼吸困難に至る心不全などももたらすことがあるのです。
亜鉛は、遺伝情報(DNA)やタンパク質の合成に関わっている様々な酵素や、細胞・組織などの代謝機能に深く関わっている酵素など、約200種類以上ある酵素を構成する物質として非常に重要なミネラルの一つなのです。


この記事を書いた人

ライター4

太刀川 仁美

猫好きの猫アレルギー持ち。くしゃみと鼻水にまみれながら愛猫を溺愛している。研究職からWEB業界へ転職した変わり者。

ページの先頭へ