9月の花粉について調査

「とにかく忙しい」「面倒くさい付き合いがとても嫌だ」「あらゆる先端技術や情報の高度な進歩に追いつけない」など、ストレスが溜まってしまう素因は一人一人違います。
いんきんたむし(陰金田虫)は20代~30代の比較的若い男性に多く見られる傾向があって、原則として股間部にだけ広がり、走ったり、お風呂に入った後など全身が温まった時に猛烈な掻痒感に襲われます。
エイズとはHIV(human immunodeficiency virus)の感染が原因となって生じるウイルス感染症のことで、免疫不全を引き起こして些細な細菌などによる日和見感染や悪性新生物等を発病してしまう病状を総称しているのです。
下腹部の激しい痛みを訴える人の多い疾患には、大腸粘液が複数個所突出する大腸憩室症、尿管などに結晶ができる尿路結石症、原因不明の難病である潰瘍性大腸炎、無菌の腹腔内に炎症が起こる急性腹膜炎、卵管の病気等が挙げられます。
肝臓を健やかな状態に保持するためには、肝臓の解毒作用が下がらないようにすること、つまり、肝臓のアンチエイジング対処法を迅速に開始することが有効です。


BMIを計算する式はどの国にも共通していますが、数値の評価基準は各国違いがあり、(社)日本肥満学会(JASSO)ではBMI値22を標準体重、25以上だと肥満、18.5未満であれば低体重と決めています。
現在、若い世代で感染症である結核に対抗できる免疫の弱い人々が多くなったことや、診断が遅れることが素因のアウトブレイク・院内感染が増加しているようです。
ともすると「ストレス」は、「消すべき」「排除すべきもの」ものと捉えがちですが、実を言うと、私たち人間は日々ストレスを体験するからこそ、活動していくことに耐えられるようになっています。
臓器である前立腺はその成長や活動にアンドロゲン、即ち雄性ホルモンが密に関わっており、前立腺に現れたガンも同様、雄性ホルモンによって成長してしまうのです。
30歳代で更年期がやってくるとすれば、医学的な用語で表現すると「早発閉経(そうはつへいけい)」という疾患に当てはまります(我が国では40才以下の女性が閉経するケースを「早発閉経(early menopause)」と称します)。


チアミン不足が原因の脚気の症状は、四肢が何も感じない麻痺状態になったり下肢の著しい浮腫みなどが代表的で、症状が進行すると、深刻な場合、心不全などを併発する可能性があるのです。
悪性の腫瘍である女性の卵巣がんは、通常なら人間の身体をガンから護る役目をする物質を作るための鋳型ともいえる遺伝子の不具合によりかかってしまう病気だということが分かっています。
胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、1週間もきちんと薬を飲めば、全般的に多くの患者さんの自覚症状は改善しますが、食道の粘膜の発赤や炎症が完治したとは言い切れないので気を付けましょう。
メタボリック症候群とは断言されなくても、内臓脂肪が多めに溜まりやすい類の悪質な体重過多になることに縁り、数多くの生活習慣病を誘引しやすくなります。
通行中の衝突事故や山での滑落など、かなり大きな外力が体にかかった場合は、複数の部分に骨折が起こってしまったり、骨が外に突き出る複雑骨折となったり、重症の場合は内臓が損壊してしまうこともままあります。


この記事を書いた人

ライター4

太刀川 仁美

猫好きの猫アレルギー持ち。くしゃみと鼻水にまみれながら愛猫を溺愛している。研究職からWEB業界へ転職した変わり者。

ページの先頭へ