9月 花粉症について調査

平成17年2月以降トクホ(特保)の容器には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」の一文を表記すること義務となっている。
男性だけにある前立腺という臓器は働きや成長にアンドロゲンが密接に関連していて、前立腺に発現した癌も同じように、アンドロゲン(雄性ホルモン)の機能によって大きく成長します。
耳の中の構造は、大きく「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」に分かれていますが、この中耳付近に様々なバイ菌やウィルスなどがうつることで炎症が誘発されたり、体液が滞留する症状を中耳炎と呼ぶのです。
脂漏性皮膚炎という病気は皮脂分泌の異常が主因で現れる湿疹で、分泌がおかしくなる要因としてはアンドロゲンとエストロゲン・ゲスターゲンの不均衡やナイアシンなどビタミンBコンプレックスの慢性的な欠乏などが関わっています。
「体脂肪率(percent of body fat )」というものは、体の中の脂肪の溜まっている重さのことを言い、「体脂肪率(パーセント) = 体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(キログラム)×100」という計算で算出することができます。


基礎代謝というものは人間が動かずにじっとしていても必要なエネルギーのことで、大半を全身の骨格筋・最大の内臓である肝臓・脳の3種類が占めているのです。
道路交通事故や屋根からの滑落など、著しく強い外力が身体にかかった場合は、複数の箇所に骨折が発生したり、骨が外部に突出する開放骨折となったり、酷くなると臓器が損壊してしまうこともあります。
「肝機能の悪化」については、血液検査項目のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ等3種類の値で分かりますが、ここ数年肝機能が悪くなっている人数が微増していると報じられています。
体脂肪量に変化が見られず、体重が飲み食いや排尿等で短時間で増減する時、体重が増えた人の体脂肪率(body fat percentage)は低くなり、体重が減少した人は体脂肪率が上がることがわかっています。
日本における結核対策は、昭和26年に施行された「結核予防法」に従う形でなされてきましたが、56年後の平成19年から数多くある他の感染症とひとくくりにして「感染症新法」という法律に沿って実行されることに決まりました。


軽傷の捻挫だろうと決めつけて、冷湿布を貼って包帯やテーピングなどで患部を適当に固定し、様子をうかがうのではなく、応急処置を済ませてからすぐに整形外科で診てもらうことが、根治への近道になるでしょう。
日常的にゴロンと横向きになってTVを見ていたり、テーブルの上で頬杖をついたり、踵の高い靴等を毎日履くという癖や習慣は身体の均衡を悪化してしまう原因となります。
虚血性心疾患の心筋梗塞は心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化によって血管の内腔の直径が狭くなってしまい、血液の流れが途絶えて、大切な酸素や栄養を心筋まで配達できず、筋繊維自体が死ぬという大変深刻な病気です。
一見すると「ストレス」は、「溜めてはいけないもの」「取り去らなければいけない」と考えがちですが、実を言えば、私達は様々なストレスを感知するからこそ、生活していくことが可能になっているのです。
好気性桿菌のひとつである結核菌は、保菌者がゴホゴホと「咳」をすることで室内や外気に飛び散り、空気中でふわふわと浮かんでいるのを違う誰かが呼吸の際に吸い込むことで拡がっていきます。


この記事を書いた人

ライター6

野上 航一郎

フリーライター。サプリメント大好きで色々試したり調査するのが趣味な健康オタク。猫より犬派。最近の趣味はキャンプで野山にいくこと。

ページの先頭へ