8月 花粉症について調査

くも膜下出血とは実に8割以上が脳動脈りゅうと呼ばれる血管が変形してできる瘤(コブ)が破裂して脳内出血してしまうことでなってしまう深刻な脳の病気として認識されています。
吐血と喀血はいずれも血を吐くことですが、喀血というのは喉から肺を繋ぐ気道からの出血のことで、吐血は無腸間膜小腸よりも上部にある消化管から血が出る症状を表しているのです。
男性だけにある内臓の前立腺はその成長や活動にアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンが大きく関連しており、前立腺に出現してしまった癌も同様に、アンドロゲン、即ち男性ホルモンの作用を受けて大きく成長してしまいます。
「あまりにも忙しい」「わずらわしいいろんな付き合いが嫌」「あらゆるテクノロジーや情報の著しい高度化に追いつくのが大変だ」など、ストレスが蓄積されるシーンは一人一人異なります。
現在のオペ室には、レストルームや器械室、準備室(preparation room)を作り、オペ中に患者を撮影できるX線装置を設置するか、近辺にX線装置の専門室を併設するのが慣例だ。


普通ならば骨折を起こさない位のごく小さな力でも、骨のある定まった部位だけに複数回にわたり次から次へと力が加わってしまうことで、骨折する事もあり得ます。
めまいが確認できず、長時間続く耳鳴りと難聴の症状を数回発症する症例を区別して「蝸牛型メニエール(メニエル)病」という名前で診断する場合があることは意外と知られていません。
日々繰り返される規則正しい生活の保持、腹八分目を心がけること、無理のない体操など、アナログともいえる健康についての意識がお肌の老化防止にも活用されるということです。
コンサートやライブなどの開催される会場やダンスを踊るためのフロアなどに備えられている特大スピーカーの真ん前で爆音を浴び続けて耳が聞こえにくくなることを「急性音響性難聴(きゅうせいおんきょうせいなんちょう)」と言います。
ちょっとした捻挫だろうと自己判断してしまい、冷湿布を貼って包帯やテーピングテープで固定し、そのまま様子を見るのではなく、応急処置を済ませたらただちに整形外科へ向かうことが、早く根治させる近道となります。


収縮期血圧140以上の高血圧が継続すると、血管に重い負担となり、頭頂からつま先に至るまでいろんな血管に障害が発生して、合併症を発症するパーセンテージが拡大します。
ハーバード・メディカルスクールの研究結果によれば、普通のコーヒーと比較して1日2~3杯はデカフェコーヒーに変えれば、なんと直腸がんの発病リスクを半分以上も減らせたらしい。
緊張性頭痛というものはPC使用などによる肩こり、首凝りが原因の最も多いタイプの慢性頭痛で、「ギュッと締め付けられるような痛さ」「ズシッと重苦しいような耐え難い痛みと言い表されることが多いようです。
骨を折ったことによりたくさん出血した場合、低血圧になって目の前が暗くなるようなめまいや冷や汗、悪心、座っていても起こる意識喪失などの不快な脳貧血症状がみられる時もあります。
音楽会やライブなどの開催される施設やクラブハウスなどに設置されているものすごく大きなスピーカーの隣で爆音を浴びて耳が遠くなる症状を「急性音響性難聴(きゅうせいおんきょうせいなんちょう)」と言うことをご存知でしょうか?


この記事を書いた人

ライター4

太刀川 仁美

猫好きの猫アレルギー持ち。くしゃみと鼻水にまみれながら愛猫を溺愛している。研究職からWEB業界へ転職した変わり者。

ページの先頭へ