8月 花粉について調査

食事の際は、食べたい物をなんとなく口へ運んで何度か噛んで後は嚥下するだけだが、その後身体は実によく活動し続けて異物を人体に取り入れるように努めているのだ。
日本における結核への対策は、長年、1951年に制定された「結核予防法」に準拠しておこなわれてきましたが、半世紀が経過した平成19年からは結核以外の感染症と等しく「感染症法」という名称の法律に準拠して行われる運びとなったのです。
耳の内部の構造は、大きく「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」に分類することができますが、中耳の近くに様々な細菌やウィルスなどが感染することで炎症がみられたり、体液が溜まる症状を中耳炎と呼ぶのです。
吐血(とけつ)も喀血(かっけつ)も口からの出血に違いはありませんが、喀血は喉から肺へと至る気道(きどう、呼吸器)から出血する状態で、吐血は十二指腸より上にある食道などの消化管から血が出る症状を示しています。
アミノ酸であるグルタチオン(Glutathione、GSH)には、細胞の機能を不十分にしたり突然変異を誘発する人体に有害な物質を身体の中で解毒し、肝臓の働きを促すような特長が分かっています。


ミュージックライブの開催されるスペースやクラブなどに据えられている非常に大きなスピーカーのすぐ横で爆音を聞いて耳が遠くなる症状を「急性音響性障害(きゅうせいおんきょうせいしょうがい)」と言っています。
学校や幼稚園などの大勢での団体生活の中、花粉症の症状が要因でクラスの皆と一緒に外でエネルギッシュに身体を動かせないのは、患者本人にとっても辛い事でしょう。
自転車事故や屋根からの滑落など、大きな外力が体にかかった場合は、複数の場所に骨折が発生してしまったり、骨が外に突き出る複雑骨折となったり、加えて臓器が損壊してしまうこともよくあります。
70代以上の高齢者や病気のある方などは、目立って肺炎に罹りやすく治るのが遅い傾向が見られるので、予防に対する意識や迅速な治療が重要だといえます。
BMIを求める式はどこの国でも共通ですが、値の評価は各国それぞれ少しずつ違い、(社)日本肥満学会ではBMI22を標準、BMI25以上の場合は肥満、18.5未満を低体重としているのです。


ハーバード医大(HMS)の調査結果によると、普通のコーヒーと比較して1日あたり2カップ以上はカフェインが90%以上除去されたコーヒーに変えれば、直腸ガン罹患リスクを半分以上も減らせたそうだ。
くしゃみに鼻みず、鼻づまりに目の痒み・ゴロゴロする感じなどの花粉症の主な諸症状は、アレルゲンである花粉の飛散している量に比例したように悪くなってしまうという性質があるとのことです。
基礎代謝(BM)とは人間が横になっていても使用するエネルギー量のことで、大半を全身の骨格筋・最も大きな内臓である肝臓・大量の糖質を消費する脳で占めるというのが今や常識となっています。
内臓脂肪過多の肥満が診られて、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多」、塩分の過剰摂取などによる「高血圧」、血糖(sugar in the bloodblood sugar)の中で2個以上合致するような事例のことを、メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)と称しています。
胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、食生活の欧米化に加えて能動喫煙・嗜好品・脂肪過多などのライフスタイルの悪化、ストレス等により、いま日本人に増加している病気なのです。


この記事を書いた人

ライター6

野上 航一郎

フリーライター。サプリメント大好きで色々試したり調査するのが趣味な健康オタク。猫より犬派。最近の趣味はキャンプで野山にいくこと。

ページの先頭へ