花粉 アレルギーについて調査

脳内にあるセロトニン(5-HT)神経は、自律神経のバランスを調整したり痛みを鎮静化させ、あらゆる覚醒現象などを支配しており、鬱病に罹患している人は機能が鈍化していることが明らかになっているのだ。
めまいが起こらず、長時間続く耳鳴りと難聴のみを何回も発症する症例の事を区別して「蝸牛型メニエール氏病」という事例も多いそうです。
加齢が原因の耳の聞こえ辛さにおいては時間をかけて聴力が低下するものの、普通は還暦を超えてからでないと耳の悪さを確信を持って認識できません。
ハーバード大学医学部の調べによれば、1日あたり2カップ以上デカフェコーヒーに変えれば、驚くことに直腸癌の発症リスクを半分以上も減らせたそうだ。
エイズウイルス、すなわちHIVを有している精液や血液のほか、腟分泌液、母乳、唾液などの様々な体液が、交渉相手や乳飲み子などの粘膜や傷口などに触れると、HIV感染のリスクが大きくなるのです。


500以上もの働きを持つ肝臓に脂肪やコレステロールが溜まった状態の脂肪肝(steatosis hepatis)は、肝硬変や糖尿病などの多くの生活習慣病の合併症の誘因となるかもしれません。
むねやけが主訴の逆流性食道炎は、食事が欧米化したことに加えて煙草・アルコール類・肥満症等のライフスタイルの質の低下、ストレスに縁って、こと日本人に増加している病気の一種です。
むねやけが特徴の逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことに加えてスモーキング・アルコールを毎晩飲む事・体重過多などの生活習慣が乱れたこと、ストレス等に縁って、最近、日本人に多く発生している疾患の一種です。
いんきんたむしは20代~30代の男性に多い傾向があり、ほとんどの場合は股間部にだけ広がり、体を動かしたり、風呂上りのように全身が温まった時に強烈な痒みに苦しみます。
いんきんたむしという病気は20代~30代の男の人多く確認され、大抵の場合は股間部にだけ広がり、運動をしたり、入浴後など身体が温まると強い痒みをもたらします。


季節病ともいわれる花粉症とは、山林の杉や檜、ブタクサなどの大量に放出される花粉がアレルゲンとなって、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・微熱・鼻詰まり・鼻水などの辛いアレルギー症状を示す病気として知られています。
真正細菌のひとつである結核菌は、菌を保有している人が咳き込むことで外気に撒かれ、空中でフワフワ流れているのを今度は別の人が呼吸の際に吸い込むことで拡がります。
BMIを算出する式はどの国でも同じですが、数値の評価レベルは国によってそれぞれ異なっており、一般社団法人日本肥満学会ではBMI値22を標準体重とし、25以上の場合だと肥満、18.5未満だと低体重と決定しています。
強い痛みを伴うヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨と背骨の間に存在するクッションに近い役割を持っている椎間板という名の柔らかい円形の線維軟骨が突出してしまった症状を表します。
一見すると「ストレス」というものは、「無くすべき」「排除しなければいけない」と断定しがちですが、実のところ、我々は多少のストレスを感知しているからこそ、生活していくことに耐えられるようになっています。


この記事を書いた人

ライター4

太刀川 仁美

猫好きの猫アレルギー持ち。くしゃみと鼻水にまみれながら愛猫を溺愛している。研究職からWEB業界へ転職した変わり者。

ページの先頭へ