7月 花粉症について調査

「肝機能の衰退」については、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP等の値によってモニタリングできますが、特にここ2、3年肝機能が悪化している日本人が徐々に増加傾向にあるとの報告がありました。
強い痛みを伴うヘルニアというのは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)と呼び、背骨と背骨の間に存在するクッションと同様の役目を持っている椎間板という名称のやわらかい線維軟骨が突き出た症例を称します。
HIV(human immunodeficiency virus)を有する血液や精液、腟分泌液や母乳等のあらゆる体液が、看病する人や交渉相手などの傷口や粘膜等に接触する事で、HIVに感染する可能性があるのです。
お薬、アルコール、合成保存料を始めとした食品添加物等を酵素で分解し、無毒化する働きの事を解毒と称しており、多機能な肝臓が果たす非常に大事な任務の一つと言えるでしょう。
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓に存在するインスリンを分泌する働きを持つβ細胞が損傷を受けてしまい、残念なことに膵臓からほとんどインスリンが分泌されなくなることで発病する自己免疫性の糖尿病なのです。


常在細菌であるブドウ球菌(staphylococcus…coccusはラテン語で「粒」の意)はパープルに染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒素の非常に強い黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と一方は毒のあまりないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種が挙げられます。
日光に当たると生成されるビタミンDは、カルシウムが吸収されるのを促進するという特長で知られていて、血中の濃度を微調整し、筋肉の活動を適切に調節したり、骨を作り出したりします。
杉花粉症などの緒症状(鼻水、酷い鼻づまり、くしゃみ等)のために夜間しっかり眠れない場合、それが元凶で睡眠不足の状態になり、次の日起きてからの業務の遂行に思わしくない影響を与えるかもしれないのです。
グラスファイバーでできたギプスは、非常に強靭で軽量で耐久性があり、シャワーなどで濡れても大丈夫という特長があり、現在採用されているギプスの第一選択肢なのは間違いありません。
70代以上のお年寄りや慢性的な疾患のある人などは、特に肺炎になりやすく治りにくいというデータがあるので、予防策の実施や早めの手当が肝要です。


塩分と脂肪の摂り過ぎを中止して無理のない運動を心がけるだけでなく、ストレスのかかり過ぎない暮らしを意識することが狭心症の元凶となる動脈硬化を防止する方法なのです。
むねやけが主訴の逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことやタバコを吸う事・酒類・肥満等の生活習慣の変化、ストレスなどに縁り、近年日本人に増加している疾患だということができます。
汗疱(汗疱状湿疹)とは手の平や足の裏、又は指の隙間などに細かな水疱ができる皮膚病で、世間一般では汗疹(あせも)と呼ばれており、足裏に出ると足水虫と勘違いされる場合もままあります。
AIDSとはヒト免疫不全ウイルス(HIV=human immunodeficiency virus)の感染が原因となって引き起こされるウイルス感染症のことであり、免疫不全となり些細な細菌などによる日和見感染や悪性腫瘍を複数発症する症候群そのものを指し示しているのです。
気分障害のうつ病というのは副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が足りなくなり、不眠、強い憂うつ感、著しい倦怠感、疲労感、食欲不振、体重の減少、強い焦燥感、顕著な意欲の低下、そして重症の場合自殺企図などの深刻な症状が心身に現れるのです。


この記事を書いた人

ライター6

野上 航一郎

フリーライター。サプリメント大好きで色々試したり調査するのが趣味な健康オタク。猫より犬派。最近の趣味はキャンプで野山にいくこと。

ページの先頭へ