6月の花粉について調査

塩分や脂肪分の摂り過ぎを中止して自分に合った運動に努め、ストレスのかかり過ぎない毎日を続けることが狭心症を誘引する動脈硬化を事前に防止するコツだといえます。
くも膜下出血(SAH)とは9割近くが「脳動脈りゅう」という脳内の血管にできる不要な瘤(こぶ)が裂けて脳内出血する事によって罹患してしまう致死率の高い病気だということを多くの人が知っています。
もしも血液検査で実際に女性ホルモンの分泌量が足りなくて早発閉経(POF)だと判明した場合、不十分な女性ホルモンを足す治療で治せます。
耳鳴りは大きく2種類に分けることができ、当事者しか感じないのが特徴の「自覚的耳鳴り」と、血液の流れる音のように当事者と他の人にも高品質なマイクロホンを使用してみると聞くことができる点が特徴の「他覚的耳鳴り」があるのです。
吐血と喀血、どちらも血を吐くことに変わりはありませんが、喀血の方は喉から肺を繋ぐ気道(呼吸器の一つ)からの出血のことで、吐血とは十二指腸(無腸間膜小腸)より上部にある消化管から血が出る状態を表しているのです。


老人や慢性的に病気をお持ちの方などは、殊更肺炎になりやすくてすぐには治りにくいと言われているので、予防の徹底や早めの手当が大事です。
通行中の交通事故や屋根からの滑落など、非常に大きな負荷が体にかかった場合は、複数箇所に骨折がもたらされてしまったり、複雑骨折に至ったり、酷い時は内臓が損傷してしまうこともあります。
人の耳の内部構造は、大まかに「外耳」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3つに分類できますが、中耳の近くに様々な黴菌やウィルスなどがうつって炎症が誘発されたり、液体が滞留する病気を中耳炎と呼ぶのです。
季節病ともいわれる花粉症とは、山林の杉やヒノキ、マツなどの草木の花粉が原因となり、くしゃみ・皮膚のかゆみ・微熱・鼻づまり・鼻みずなどの多様なアレルギー症状をもたらす病気として広く認識されています。
胸痛を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科処置としては大方の病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP法)」と「大動脈冠動脈(かんどうみゃく)バイパス術」というふたつの治療法がよく利用されています。


心筋梗塞は心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化によって血管の中の空間が狭まってしまい、血液の流れが止まって、大事な酸素や栄養が心筋に送られず、筋肉細胞そのものが機能しなくなる恐ろしい病気です。
ハーバード大学医学部(HMS)の調査データによると、通常のコーヒーと比較して1日あたり2杯以上デカフェコーヒーを代用すれば、恐ろしい直腸癌の発症リスクを約52%減らせたのだ。
胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、3~4日ちゃんと服薬すれば、大抵、90%近くの人の自覚症状は消えてなくなりますが、食道の粘膜の炎症反応自体が完全に治癒したわけではないので気を付けましょう。
脚気(かっけ)の症状としては、主に手や足が麻痺したり脚の著しいむくみなどが典型で、進行してしまうと、悲しいかな、心不全などを呼び込むことがあるようです。
BMIを算出する式はどこの国も一緒ですが、値の評価基準は国家ごとに違っていて、JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY(JASSO)ではBMI値22が標準、25以上は肥満、18.5未満だと低体重としているのです。


この記事を書いた人

ライター4

太刀川 仁美

猫好きの猫アレルギー持ち。くしゃみと鼻水にまみれながら愛猫を溺愛している。研究職からWEB業界へ転職した変わり者。

ページの先頭へ