6月 花粉について調査

日常的に肘をついた横向きの状態でテレビ画面を見ていたり、思いっ切り頬杖をついたり、かかとの高い靴などを毎日のように履いたりというような癖や習慣は身体の上下左右の均衡が崩れる要因になります。
ダイエットに勤しむあまり1日の総カロリーを抑える、十分食事を食べない、というようなライフスタイルを続けると結果的に必要な栄養までもを不足させ、深刻な四肢の冷えを齎していることは、しょっちゅう問題視されています。
季節病ともいわれる花粉症とは、多く植えられているスギや檜、蓬などの決まった時期に飛散する花粉が原因となり、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・頭重感・微熱・鼻水などの不快なアレルギー症状を招く病気だといえます。
虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科手術としては大方の病院で「大動脈バルーンパンピング法(IABP)」もしくは「冠動脈大動脈バイパス手術(CABG)」の二者の術式が標準的に扱われています。
虚血性心疾患の心筋梗塞というものは冠動脈の動脈硬化によって血管内が狭くなってしまって、血流が途絶えて、重要な酸素や栄養が心筋まで届かず、ほとんどの筋細胞が壊滅状態になる怖い病気です。


薬、酒に含まれるアルコール、増粘剤を始めとした食品添加物等の成分を特殊な酵素によって分解し、無毒化する働きのことを解毒と呼び、肝臓の非常に大切な仕事のひとつであることは間違いありません。
急性中耳炎は、一番よくある中耳炎で幼い子どもによくみられます。耐え難い耳痛や38℃以上の高熱、酷い鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏(じろう)などのありとあらゆる症状がみられます。
チアミン不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、主に手や脚がジンジンと痺れたり下肢の浮腫みなどが象徴的で、症状が進行すると、残念なことに、呼吸困難に陥る心不全などをもたらす可能性があるのです。
BMIを算出する式はどこの国でも一緒ですが、BMI値の位置づけは国によってそれぞれ違っていて、一般社団法人日本肥満学会(JASSO)ではBMI22を標準、BMI25以上は肥満、18.5未満の場合は低体重と広報しています。
インキンタムシ(陰金田虫)という病気は20代~30代の比較的若い男の人に多い傾向があって、原則として股間の周辺だけに拡大し、身体を動かしたり、入浴後のように身体が温まると強いかゆみをもたらします。


体重過多に陥っている肥満というのはあくまで食生活の質や運動不足が要因ですが、量が等しいごはんだったとしても、あっというまに終了する「早食い」をすることによって体重過多に陥っている肥満(obesity)を招きやすくなると言われています。
平成17年から新たに特保(トクホ)の外観に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意を促す文句の表記が各メーカーに義務付けられている。
HIV、すなわちエイズウイルスを持った血液、精液をはじめ、母乳や腟分泌液などのあらゆる体液が、交渉相手や乳飲み子などの粘膜や傷口に触れると、感染の危険性が大きくなってきます。
緊張性頭痛というものは仕事や勉強などでの肩こり、首筋の凝りが原因の慢性頭痛で、「ギューっと締め付けられるような強烈な痛さ」「重くてたまらない鈍い痛み」と言い表される症状が特徴です。
耳鼻科で診てもらえる花粉症とは、多く植えられているスギや檜、ブタクサなどの木や草の花粉がアレルゲンとなり、くしゃみ・目のかゆみ・頭重感・微熱・鼻みずなどのゆううつなアレルギー症状をもたらす病気なのです。


この記事を書いた人

ライター6

野上 航一郎

フリーライター。サプリメント大好きで色々試したり調査するのが趣味な健康オタク。猫より犬派。最近の趣味はキャンプで野山にいくこと。

ページの先頭へ