五月の花粉について調査

抗酸菌のひとつである結核菌は、患者さんがゴホゴホと「咳」をすることによって外気や内気の中に飛び散り、空気中にふわふわ飛んでいるのを他人が呼吸しながら吸い込むことで感染していきます。
塩分や脂肪の大量摂取は避けて適切な運動に尽力するだけでなく、ストレスの多すぎないような毎日を心がけることが狭心症を招く動脈硬化を事前に防ぐ方法なのです。
下腹部の激しい痛みの元凶となる病気の一例として、大腸に憩室が多発する大腸憩室症、尿路に石ができる尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍やびらんができる潰瘍性大腸炎、様々な疾患の合併症として露見する急性腹膜炎、子宮や卵巣の病気などが真っ先に挙げられます。
普通は水虫といえばまず足を想像し、こと足指の間に現れる皮膚病だと間違えられやすいのですが、白癬菌が感染する場所は足だけではなく、全身いたる所に感染する危険性があるので注意してください。
人の耳の構造は、大まかに「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3つに大別できますが、この中耳付近に様々なばい菌やウィルスなどが付いて炎症が発生したり、液体が溜まる病気が中耳炎というわけです。


内臓脂肪過多の肥満があった上で、脂質過多(ししつかた)、高血圧(こうけつあつ)、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」の中で2個以上該当する事例を、メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)と呼びます。
UV-Bは、UV-Aと比較すると波長が短いという性質があるため大気中のオゾン層を通過する際に一部が吸収されるのですが、地表に達したUV-Bは肌の表皮内で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、デオキシリボ核酸)を損壊するなど、皮膚に悪い影響を与えています。
子供の耳管の構造は、大人の耳管に比べると太目で短い形状で、加えて水平に近いため、雑菌が入り込みやすくなっています。小さな子どもが急性中耳炎にかかりやすいのは、このためだと言われています。
うす暗い場所だと光不足のため物が見づらくなりますが、より瞳孔が開くので、目の水晶体のピントを合わせるのに余分な力がかかってしまい、光の入る場所でものを見るよりも疲労が大きいと言えます。
素人判断では骨折しているかどうか区別がつかない時は、疑わしい地点の骨を弱い力で突いてみて、もしその位置に激しい痛みを感じたら骨折の可能性があります。


流行性感冒とも呼ばれるインフルエンザに適応する効果的な予防法や治療法というような基礎的な対策そのものは、季節性インフルエンザでも新型のインフルエンザであっても一緒なのです。
チェルノブイリ原子力発電所の事故に関する被害者の追跡調査のデータから、大人よりも若い子供のほうが放出された放射能のダメージをよく受けることが見て取れます。
骨を折って大量出血してしまった状態だと、血圧が急降下して眩暈や体が急速に冷えるように感じる冷や汗、悪心、気絶などのいろんな脳貧血の症状が起こるケースもよくあります。
よく耳にする心筋梗塞というものは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化によって血液の通り道である血管の中が細くなって、血流が止まり、必要な酸素や栄養を心筋まで届けられず、ほとんどの筋繊維が機能しなくなるという大変恐ろしい病気です。
ポリフェノールで最も有名な長所は水溶性のV.C.や脂溶性のトコフェロール(ビタミンE)性質が異なり、細胞の間の水溶性部分に脂溶性の部分、ひいては細胞膜でも酸化を防ぐ効果を発揮するのです。


この記事を書いた人

ライター4

太刀川 仁美

猫好きの猫アレルギー持ち。くしゃみと鼻水にまみれながら愛猫を溺愛している。研究職からWEB業界へ転職した変わり者。

ページの先頭へ