4月の花粉について調査

植物の中に存在する化学物質、フィトケミカルの一つであるスルフォラファン(sulforaphane)という揮発性の物質が、肝臓に存在する解毒酵素そのものの創造を支えているかもしれないという新たな事実関係が明らかになりました。
歳を重ねることが原因の耳の聞こえにくさではなだらかに聴力が低くなりますが、通常60歳を超えてからでないと聴力の衰えをきちんと把握できないものです。
ばい菌やウィルスなど病気を招く微生物、すなわち病原体が口から肺に忍び入り発病してしまい、肺の中が炎症を起こしてしまっていることを「肺炎」と称しているのです。
基礎代謝量というのは就寝中ではなく覚醒状態で命を維持する(心臓、鼻からの呼吸、腎臓の活動、体温や筋肉の緊張のキープなど)のに外せない最も小さいエネルギー消費量のことをこう呼んでいるのです。
自動体外式除細動器(AED)とは医療資格を持っていない非医療従事者でも取り扱える医療機器で、本体から発せられる音声ガイダンスの手順に従って対応することで、心臓の心室細動に対する応急処置の効果を発揮してくれます。


「体脂肪率(percent of body fat )」とは、人の体の中の脂肪が占めている比重を指し、「体脂肪率(たいしぼうりつ、パーセント)=体脂肪の量(キロ)÷体重(body weight、キロ)×100」という計算で値を確認できます。
耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、森の杉や檜、蓬などの大量の花粉がアレルゲンとなり、クシャミ・皮膚の痒み・鼻づまり・鼻みずなどの不快なアレルギー症状を招く病気なのです。
学校や幼稚園等大規模な集団行動に於いて、花粉症の症状の為にクラスのみんなと一緒にはつらつと運動できないのは、子どもにとっても寂しい事でしょう。
結核への対策は、1951年施行の「結核予防法」にならう形で促進されてきましたが、56年後の2007年からは異なる感染症と同じように「感染症法」という名前の法律に基づいて行われることになったのです。
下腹部の疼痛をよく起こす主な病気には、大腸粘液が複数個所突出する大腸憩室症、石ができる尿路結石症、原因不明の難病である潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症が起こる急性腹膜炎、卵巣の疾患等の病名が聞かれます。


折り目正しい日常生活の維持、暴飲暴食しないこと、軽いスポーツなど、一見古典的ともいえる体についての気配りがお肌のアンチエイジングにも活用されるのです。
季節性インフルエンザのワクチンでは、現在までの膨大な研究結果から、注射の効果を期待できるのは、ワクチン接種を受けたおよそ2週間後から150日間位ということが明らかになりました。
前立腺はその成長や働きにアンドロゲン、即ち雄性ホルモンが非常に深く関連していますが、前立腺のガンも同様、アンドロゲン、すなわち雄性ホルモンの力で大きく成長します。
めまいは出ないのに、辛い耳鳴りと難聴の症状のみを幾度も発症する症例の事を区別して「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール(メニエル)病」という病名で診断する事例があるということはあまり知られていません。
頸椎などが痛むヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨と背骨の間にあって緩衝材的な役目を持っている椎間板という名前のやわらかい線維軟骨が飛び出した症状のことを表しています。


この記事を書いた人

ライター4

太刀川 仁美

猫好きの猫アレルギー持ち。くしゃみと鼻水にまみれながら愛猫を溺愛している。研究職からWEB業界へ転職した変わり者。

ページの先頭へ