4月 花粉症について調査

内臓脂肪型の肥満が確認され、脂質(ししつ、lipid)、「血圧(blood pressure)」、高血糖のうち2個以上合致するような健康状態のことを、メタボリックシンドローム、またの名を「死の四重奏」と呼んでいます。
最も大きな内臓である肝臓に中性脂質やコレステロールが多く溜まった脂肪肝(steatosis hepatis)という病気は、動脈硬化や狭心症等々いろんな健康障害の合併症を起こす可能性があるのです。
子どもの耳管の特性は、大人に比べると幅広で長さがなく、加えてほぼ水平になっているため、バイ菌が潜り込みやすくなっています。子どもが急性中耳炎になりやすいのは、この構造が関係しています。
2005(平成17)年から全ての特定保健用食品の容器において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といったフレーズの表示が食品メーカーに義務付けられている。
ヒトの耳の構造は、大きく「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類に分かれていますが、中耳のところに黴菌やウィルスが付着し、炎症が発生したり、液体が溜まる病を中耳炎と称しています。


スギの花粉が飛散する1月から4月の時期に、まだ小さなお子さんが平熱なのにクシャミや水のような鼻水が出続けている状態だったなら、もしかしたら『スギ花粉症』の可能性が高いかもしれません。
エイズとはヒト免疫不全ウイルス、すなわちHIVの感染が原因となって生じるウイルス感染症のことであり、免疫不全となり些細な真菌などによる日和見感染や悪性新生物などを複数併発する病状の事を指し示しているのです。
アルコール、薬、合成された食品の添加物などを特殊な酵素で分解し、無毒化する働きのことを解毒(げどく)と呼んでおり、肝臓が果たす非常に大事な働きの一つだと言えるでしょう。
男性だけにある内臓の前立腺は生育や活動に雄性ホルモン(男性ホルモン)が非常に深く関わっていて、前立腺に出現してしまった癌も同様に、雄性ホルモンの作用を受けて成長してしまうのです。
耳鳴りには性質の異なる2種類が存在し、当事者しか聞こえないというタイプの「自覚的耳鳴り」と、血液の流れる音のように当事者に加えて他の人にも性能の良いマイクロホンを利用すると響いてくるというタイプの「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が異なります。


体を動かすのに必要なエネルギー源として瞬時に働く糖質、人の新陳代謝に必要となるタンパク質など、度の過ぎたダイエットではこれらに代表される体調をキープするために絶対欠かせない栄養素までもを減少させてしまう。
強い痛みを伴うヘルニアとは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨の間にあって緩衝材の役目をしている椎間板(ついかんばん)という名称の柔らかい線維軟骨が飛び出した状態を称しているのです。
チェルノブイリ原子力発電所の事故に関するその後の後追い調査のデータによると、成人に比べると体の小さな子どものほうが分散した放射能の悪い影響をより受容しやすくなっていることが見て取れます。
緊張性頭痛というのは肩凝り、首筋の凝り、張りが素因の最も多いタイプの慢性頭痛で、「まるで頭を力いっぱい締め付けられるような強い頭痛」「頭が重いような鈍い痛み」と表現されています。
アミノ酸のひとつグルタチオン(Glutathione-SH)は、細胞の機能を下げたり変異を誘引するような有害な物質を身体の内部で解毒し、肝臓の役割をより良くする性能が認識されています。


この記事を書いた人

ライター4

太刀川 仁美

猫好きの猫アレルギー持ち。くしゃみと鼻水にまみれながら愛猫を溺愛している。研究職からWEB業界へ転職した変わり者。

ページの先頭へ