2月 花粉について調査

真正細菌のひとつである結核菌は、患者さんが「咳」をすることによって外気や内気の中に撒かれ、空気中でフワフワと浮かんでいるのを違う誰かが呼吸の際に吸い込むことでどんどん感染します。
吐血と喀血はいずれも血を吐くことですが、喀血というのは咽頭から肺に達している気道からの出血のことで、吐血の方は十二指腸より上部の消化管からの出血のことを表しているのです。
最も大きな臓器である肝臓に中性脂肪や食物由来コレステロールが多く付いた脂肪肝(steatosis hepatis)は、動脈硬化や脳梗塞というような多様な疾病の原因となる可能性があるのです。
肥満(obesity)の状態は勿論食生活の習慣や栄養バランス、運動不足などが主因ですが、ボリュームの変わらない食事だったとしても、あっというまに終了する「早食い」を日常化することによって肥満(obesity)を招く恐れがあります。
予防接種の不活化ポリオワクチンは、これまでの生ワクチンに代わり、2012年9月1日以降は原則無料で接種できる定期接種になり、集団接種ではなく小児科などの医療機関で個々に接種してもらう個別接種という形に変わります。


メタボリック症候群であるとは診断されなかったとしても、臓器に脂肪が溜まりやすい種類の悪い肥満になってしまう事に縁り、命にかかわるような生活習慣病を誘引しやすくなります。
平成17年2月から新たに特定保健用食品(とくていほけんようしょくひん)の入れ物には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった一文を表記すること各メーカーに義務付けられている。
自分では骨が折れているのかどうか区別がつかない時は、負傷してしまった地点の骨をそっと指で突いてみてください。その箇所に強い痛みを感じたら骨折の疑いがあります。
期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、特に病気ではなくても見られることがあるので珍しい心臓疾患とはいえませんが、短期間で発作が再三起こるケースは危険です。
毎日のようにゴロンと横向きになったままTVを見つめていたり、片方の頬に頬杖をついたり、ヒールの高い靴等を日常的に履くというような習慣は身体の上下左右の均衡が悪くなる大きな要素になります。


過食、体重過量、消費カロリーの低下、不規則な生活、心身のストレス、老化など複数の素因が絡むと、インスリンの分泌量が減ったり、機能が衰えたりして生活習慣病に属する2型糖尿病を発病することになります。
胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、3~4日処方薬を飲めば、原則的にほとんどの患者さんの自覚症状は消えますが、とはいえ食道粘膜のダメージや炎症が根治したことを意味しないので留意してください。
2005年2月1日より新しく全てのトクホの外観に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意を促す文言の記載が義務となった。
チェルノブイリ原発事故に関するその後の追跡調査のデータからは、成人に比べて若い子どものほうが漏れた放射能のダメージをより受容しやすいことが見て取れます。
もう歯の表面の骨を脆くさせるほど悪くなってしまった歯周病は、悲しいかな進行具合が和らいだとしても、失ったエナメル質が元通りに復活するようなことはないに等しいと言われています。


この記事を書いた人

ライター6

野上 航一郎

フリーライター。サプリメント大好きで色々試したり調査するのが趣味な健康オタク。猫より犬派。最近の趣味はキャンプで野山にいくこと。

ページの先頭へ