花粉症について調査

収縮期血圧140以上、拡張期血圧90以上の高血圧が長引くと、身体中の血管に強いダメージがかかった結果、身体中のありとあらゆる場所の血管に障害が生じて、合併症を発症するリスクが拡大します。
胸痛を主訴とする狭心症の外科的な治療法としては現在「大動脈バルーンパンピング法(IABP)」もしくは「冠動脈大動脈(かんどうみゃくだいどうみゃく)バイパス移植術(CABG)」の2種類の術式が高い確率で利用されています。
「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、人の体内の脂肪が占有している歩合であり、「体脂肪率(percent of body fat、%)=体脂肪量÷体重(キロ)×100」という式で求めることができます。
メタボリック症候群であるとは断言されなくても、内臓の脂肪が蓄積しやすいパターンの体重過多が確認されるということで、色々な生活習慣病を引き起こす可能性が高まります。
一旦歯の周りの骨を脆くさせるまでに悪化してしまった歯周病は、万が一進行具合が沈静化したとしても、なくなったエナメル質が元の量に復元されるようなことはないのです。


真正細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、一番代表的な中耳炎で比較的幼い子供に多く起こる病気です。強い耳痛や38℃台の発熱、鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(みみだれ)などの多様な症状が発生するのです。
緊張型頭痛というものはPC使用などによる肩こり、首のこり、張りから生じる肩凝り頭痛で、「まるでギューっと締め付けられるような激しい痛み」「頭が重いような耐え難い痛さ」と言われることが多いようです。
「ストレス」というものは、「なくすもの」「排除しなければいけない」と捉えがちですが、本当は、人は色々なストレスを感知しているからこそ、生き延びることに耐えられるのです。
学校等大規模な団体生活をする際に、花粉症が原因でクラスメイトと同じように外で明るく走り回れないのは、患者である子どもにとっても寂しいことです。
メタボリック症候群とは診断されなかったとしても、内臓に脂肪が付着してしまう類の肥満症になる事で、いろんな生活習慣病を発症しやすくなります。


ばい菌やウィルスなどの病気を齎す微生物、即ち病原体が呼吸とともに肺の中へ侵入して感染した結果、肺の内側が炎症を起こした境遇を「肺炎」と呼ぶのです。
男性だけにある前立腺という臓器はその成長や活動にアンドロゲン(男性ホルモン)が大きく関係しており、前立腺に発生した癌も同じく、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンの力で肥大化します。
数あるギプスの中でもグラスファイバー製のものは、非常に強靭で軽量なのに耐久性に優れており、雨などで濡れても壊れずに使用できるという利点があるため、今の日本のギプスの定番と言われています。
汗疱とは主に手のひらや足裏、または指と指の隙間などにちっちゃな水疱が現れる症状で、世間一般ではあせもと呼び、足裏に出ると水虫と早とちりされるケースが結構あります。
BMIを計算する式はどこの国も一緒ですが、BMI値の評価基準は各国少しずつ違い、(社)日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI22が標準、25以上は肥満、18.5未満を低体重と定義付けています。


この記事を書いた人

ライター6

野上 航一郎

フリーライター。サプリメント大好きで色々試したり調査するのが趣味な健康オタク。猫より犬派。最近の趣味はキャンプで野山にいくこと。

ページの先頭へ