12月 花粉症について調査

結核の原因となる結核菌は、患者が「せき」をすることによって内気の中に排出され、空気中でフワフワ飛んでいるのを他人が空気と一緒に吸い込むことにより拡がります。
ストレスがかかり、溜まるという理屈や、便利なストレス対策など、ストレスに関しての初歩的な知識を勉強しようとする人は、さほど多くはありません。
緊張性頭痛というものはデスクワークなどでの肩こり、首の凝り、張りによる患者数が多い頭痛で、「まるで頭を力いっぱい締め付けられるような強い頭痛」「ドーンと重苦しいような痛さ」と表現される症状が特徴です。
パソコンの青っぽい光を和らげる効果のあるレンズの付いた専用メガネがことさら人気を集めるのは、疲れ目の予防策に大勢の方々が苦心しているからだと推測することができます。
めまいが起こらず、片耳だけに出ることの多い耳鳴りと難聴の症状だけを何回も繰り返すパターンのことを「蝸牛(かぎゅう)型メニエール(メニエール氏)病」という名前で診断する事例があるようです。


アミノ酸のひとつグルタチオン(Glutathione、GSH)は、細胞の機能を低下させたり変異を誘発する人体に対する有害物質を体の中で解毒し、肝臓の能力をより強める働きが確認されています。
めまいは出ないのに、不愉快な耳鳴りと難聴の2つの症状を何度も発症するパターンのことを区分けして「蝸牛(かぎゅう)型メニエール病(Cochlear Meniere's Disease)」という呼称で呼ぶ事があるようです。
結核への対策は、長年、昭和26年に制定された「結核予防法」に従う形でおこなわれてきましたが、56年後の平成19年から結核以外の感染症と供に「感染症予防法」に基づいて行われることが決まりました。
「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に脂肪(脂質)やコレステロールが付いた脂肪肝(しぼうかん)という病気は、肝硬変や糖尿病といった多様な病気の素因となる可能性があるといわれています。
BMI(体重指数を計算する式はどこの国も同じですが、数値の評価レベルは国家単位で少しずつ異なり、JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITYではBMI22が標準、25以上を肥満、18.5未満を低体重と周知しています。


毎年違うタイプが流行する季節性インフルエンザワクチンでは、臨床データに基づいた研究結果として、ワクチンの効果を見通せるのは、ワクチン接種したおよそ2週間後から150日間ぐらいということです。
スギの花粉が飛散する時に、まだ小さなお子さんが体温は異常ないのにしょっちゅうくしゃみをしたりサラサラした鼻水が止まないような具合なら、もしかしたら『スギ花粉症』の可能性が高いかもしれません。
上が140以上の高血圧がある程度続くと、体中の血管に重い負荷がかかり、頭頂からつま先に至るまであちこちの血管に障害が起こって、合併症を起こすリスクが高くなると言われています。
UV-B波は、UV-A波と比較すると波長が短いという性質があるので大気中にあるオゾン層でその一部が吸収されるのですが、地表に達したUV-Bは肌の表皮の内側で細胞の遺伝情報を壊したりして、肌に悪い影響を与えます。
杉花粉が飛ぶ3月前後に、乳幼児が体温はいつも通りなのにしょっちゅうクシャミしたりサラサラした水っ洟が出続けているような状態だったなら、もしかすると杉花粉症の可能性が高いといえるでしょう。


この記事を書いた人

ライター6

野上 航一郎

フリーライター。サプリメント大好きで色々試したり調査するのが趣味な健康オタク。猫より犬派。最近の趣味はキャンプで野山にいくこと。

ページの先頭へ