11月の花粉について調査

汗疱(かんぽう)は掌や足裏、又は指の隙間などにブツブツの水疱がみられる皮膚病で、基本的にはあせもと言われており、足裏に出現すると足水虫と混同されるケースもよくあります。
急性腸炎(acute enteritis)は、普通は腹部の痛み・嘔吐・下痢に見舞われる位で済みますが、細菌感染が原因の場合は強い腹痛・ずっと続く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・下痢の他に38度以上の高い発熱が通例だといえます。
1型糖尿病というのは、膵臓(すいぞう)に存在しているインスリンを分泌しているβ細胞が何らかの理由で破壊してしまうことが原因となり、残念なことに膵臓からインスリンがほぼ分泌されなくなってしまい発病してしまうという自己免疫性のタイプの糖尿病です。
食事中は、食べようと思った物を気軽に口に入れたら20回前後咀嚼して飲み下すだけに思われがちだが、そのあと身体は本当によく活動し続けて異物を体に取り入れる努力をし続けているのだ。
エイズ(AIDS)はHIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスの感染が原因のウイルス感染症の病名であって、免疫不全へと至り些細なウイルスなどが原因の日和見感染やがん等を複数発症する症候群の事を称しています。


健康を推進するWHOは、身体に害を与えるUV-Aの異常な浴び過ぎは皮膚にトラブルを招く可能性が高いとして、18歳以下の人が日サロ(日焼けサロン)を利用する行動の禁止を広く世界中に勧めている最中です。
腰などが痛むヘルニアは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨の間でクッション的な役割を果たしている椎間板(ツイカンバン)というやわらかい円形の組織が飛び出た症例のことを称しています。
大抵は骨折は起こさない位のごく小さな力でも、骨の一定の所に複数回繰り返し継続的にかかってしまうことにより、骨折に至ってしまうことがあるので注意しなければいけません。
既に歯の表面のエナメル質を脆くさせるほど拡がってしまった歯周病は、原則炎症そのものが沈静化したとしても、エナメル質が元通りに再建されるようなことはないに等しいと言われています。
環状紅斑というのは環状、すなわちまるい形状の赤っぽい発疹・湿疹や鱗屑など、様々な皮膚疾患の総合的な病名で、誘因はまったくもっていろいろです。


ビタミンB1不足が原因の脚気の症状は、手や足が麻痺したり脚の著しい浮腫などがよく訴えられ、症状が進行すると、最も重症の場合、呼吸困難に至る心不全なども連れてくる可能性があるそうです。
食中毒を起こすことで有名なブドウ球菌(葡萄球菌、staphylococcus)は紫に染色されるグラム陽性球菌であり、毒素が強大な黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン)と一方は毒の脆弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)が存在します。
UV-Bは、UV-Aと比較して波長が短いという特徴があり、大気中のオゾン層を通過する際に一部分が吸収されますが、地表に達したUV-B波は皮ふの表皮内で細胞のデオキシリボ核酸(DNA)を損壊させたりして、肌にとって悪い影響を与えるのです。
既に歯の周りの骨を脆くさせるまでに悪くなってしまった歯周病は、おそらく進行具合が落ち着いたとしても、なくなった骨が元の量に戻るようなことは有り得ません。
痩せたいあまりにカロリーを抑制する、食事を飛ばす、そうした食生活が栄養までもを不足させ、慢性的な四肢の冷えを齎していることは、盛んに問題視されています。


この記事を書いた人

ライター4

太刀川 仁美

猫好きの猫アレルギー持ち。くしゃみと鼻水にまみれながら愛猫を溺愛している。研究職からWEB業界へ転職した変わり者。

ページの先頭へ