11月 花粉症について調査

汗疱状湿疹(汗疱)は主に掌や足の裏、または指と指の隙間などに小さな水疱が現れる病気で、通常は汗疹(あせも)と言われており、足の裏に出てくると水虫と混同されることが多くあります。
もう既に歯の周りのエナメル質を溶かすまでに悪化してしまった歯周病は、おそらく進行具合そのものが安定したとしても、失ったエナメル質が元の量になるようなことはないと言われているのが現状です。
UV-B波は、UV-A波に比べて波長が短いという特徴があるのでオゾン層を通る際にその一部が吸収されますが、地上に届いたUV-B波は皮膚の表皮の内側で細胞のデオキシリボ核酸(遺伝情報)を損壊するなど、肌に悪影響をもたらすことが明らかになっています。
1型糖尿病という病気は、膵臓に存在している血糖値を下げるインスリンを分泌しているβ細胞が何らかの理由で壊されてしまうことによって、その膵臓からは必要量のインスリンが分泌されなくなることによって発症してしまう種類の糖尿病です。
昨今、比較的若い世代で結核菌(けっかくきん)に抗う抵抗力、即ち免疫力の弱い人々が多くなっていることや、受診が遅れることなどに縁る集団感染及び院内感染の発生頻度が高くなっているようです。


軽い捻挫と決めつけてしまい、冷湿布を貼って包帯やテーピングなどでとりあえず患部を固定し、様子を窺うのではなく、応急処置が終わったら一刻も早く整形外科の医師に診察してもらうことが、快癒への近道だといえるでしょう。
呼吸器感染症の季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、数多くの研究の結果、注射の効果を望めるのは、接種のおよそ2週間後から150日ぐらいということが判明しています。
耳鳴りには種類があり、本人にしか感じられないという部類の「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音などのように本人以外の人にも性能の良いマイクロホンをあてると聞こえてくるらしい「他覚的耳鳴り」とがあるそうです。
ピリドキサールは、あのアミノ酸(Amino acid)をTCAサイクルと呼ばれるエネルギー源の利用に欠かせない重要な回路へ組み込ませるためにもっと化学分解するのを促進する作用もあるのです。
グラスファイバーで作製されるギプスは、ダメージに強くて軽量で着け心地が良い上に長く使うことができ、水に濡れても壊れずに使えるというメリットがあり、現在用いられているギプスの人気製品だと言えるでしょう。


「肝機能の衰退」は、血液検査のGOT(AST)やGPT(ALT)、そしてγ-GTPなどの値によってモニターできますが、ここ最近では肝臓の機能が落ちている人の数が明らかに増加傾向にあるということが注目されています。
ビタミンB1不足が原因の脚気の症状は、主に手や足が痺れるような感覚があったり脚のむくみなどがよく見られ、進行すると、悲しいかな、呼吸困難に陥る心不全などももたらすことがあります。
よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化によって血管内が狭くなってしまい、血液の流れが止まって、酸素や様々な栄養を心筋まで届けられず、筋肉細胞自体が機能しなくなるという深刻な病気です。
うす暗い場所では光不足で見るのが難しくなりますが、更に瞳孔が開くので、目のピントを合わせるのに余分なエネルギーが利用され、結果的に明るい場所で物を見るよりも疲労が大きくなるのです。
ピリドキシン(ビタミンB6)は、かの有名なアミノ酸をTCAサイクルと呼ばれるエネルギー源を燃やすために欠かせない回路へいれるため、再度分解させるのを促進するという働きもあると言われています。


この記事を書いた人

ライター6

野上 航一郎

フリーライター。サプリメント大好きで色々試したり調査するのが趣味な健康オタク。猫より犬派。最近の趣味はキャンプで野山にいくこと。

ページの先頭へ