10月の花粉について調査

ポリフェノール最大の機能は水溶性のL-アスコルビン酸や脂溶性のトコフェロールなどとは異なって、細胞間の水溶性部分や脂溶性の部分、ひいては細胞膜でも酸化を防ぐ作用を持っているのです。
メタボリックシンドロームとは断言されなくても、内臓脂肪が多めに蓄積してしまう型式の悪質な体重過多になってしまうことによって、複数の生活習慣病を発症しやすくなります。
体脂肪量(somatic fat volume)に変動が無いのに、体重が食物・飲料の摂取や排尿等で短時間で増減するような場合、体重が増えた方は体脂肪率は低下し、体重が減少すると体脂肪率が高まります。
アメリカやEU圏では、新しい薬の特許が満了してから30日後、製薬市場の80%がジェネリック医薬品(Generic drug、後発医薬品)に取って代わるような薬もある位、ジェネリック医薬品(Generic drug)は世界に浸透しているという現実があります。
気が付くといつも肘をついた横向きの状態でTVを見つめていたり、思いっ切り頬杖をついたり、ハイヒールなどを毎日履いたりという癖や習慣は身体の上下左右の均衡を乱れさせる要因になります。


なんとなく「ストレス」は、「なくさなければいけない」「排除すべきもの」ものと捉えがちですが、本当は、我々は様々なストレスを体験しているからこそ、活動し続けることが可能になっているのです。
ふと気が付くと肘をついて横向きになったままTVを眺めていたり、片方の頬に頬杖をついたり、ヒールの高い靴を日常的に履くという習慣は体の左右のバランスを悪化させる要因になります。
「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが付いた脂肪肝(しぼうかん)という病気は、動脈硬化や糖尿病を始めとしたありとあらゆる疾病を起こす可能性が高いと考えられています。
耳鳴りには性質の異なる2種類が存在し、本人だけに感じられると言われる「自覚的耳鳴り」と、血液が流れる音のように当事者だけでなく他の人にも精度の高いマイクロホンを利用してみると聞くことができるタイプの「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が変わります。
臓器である前立腺は活動や成長に雄性ホルモンがとても深く関連していますが、前立腺に発生してしまった癌も同じく、雄性ホルモン(男性ホルモン)によって肥大化します。


ハーバード・メディカルスクールの研究結果によれば、毎日2杯以上はカフェインレスのコーヒーを飲むと、恐ろしい直腸癌の危険性を約5割も減少させることができたらしい。
普通なら骨折はしない程度の小さな圧力でも、骨のある定まった個所に繰り返して持続的にかかることにより、骨折が生じてしまうこともあるようです。
亜鉛は、遺伝情報やタンパク質を合成させるために欠かせない特殊な酵素や、細胞や組織の維持活動に関わる酵素など、約200種類以上の酵素の構成物質として大切なミネラルの一つです。
脳内にあるセロトニン神経は、自律神経を整えたり痛みの防御、色々な覚醒現象などを操っており、単極性気分障害(大うつ病)の方では機能が弱くなっていることが科学的に証明されている。
環状紅斑というのは輪状、すなわち輪っかのようなまるい形状をした真紅色の発疹や薄皮が剥ける鱗屑(りんせつ)など、皮膚のトラブルの総称であり、その誘因は余りにも様々だといえます。


この記事を書いた人

ライター4

太刀川 仁美

猫好きの猫アレルギー持ち。くしゃみと鼻水にまみれながら愛猫を溺愛している。研究職からWEB業界へ転職した変わり者。

ページの先頭へ