10月 花粉症について調査

急に発症する急性腸炎は、大多数が腹痛・吐き気・下痢の症状が出る程度で治まりますが、バイ菌の感染が原因の場合は相当ひどい腹痛・ずっと続く吐き気・繰り返す嘔吐・水下痢に加えて38℃以上の高熱が出るのが相違点だといえます。
車の事故や建築現場での転落など、とても大きな圧力が体にかかった場合は、複数の部分に骨折が生じたり、骨が外に突き出る複雑骨折となったり、他の臓器が負傷してしまうこともよくあります。
子どもの耳管の仕組みは、大人のそれに比べると太めで短めで、かつ水平に近いため、バイキンが入りやすいのです。乳幼児が急性中耳炎に罹りやすいのは、これが関係しています。
脚気(beriberi)の症状は、両手両足が何も感じない麻痺状態になったり脚のむくみなどがよく訴えられ、発症から時間が経ってしまうと、最悪の事態では呼吸困難に陥る心不全も誘発する可能性があるのです。
チェルノブイリ原子力発電所事故の数十年に及ぶ後追い調査のデータによると、大人に比べると体の小さい未成年のほうが漏れた放射能の害を一段と受けやすいことが分かるのです。


アルコール、お薬、合成された食品の添加物などの物質を特殊な酵素で分解して無毒化する機能を解毒(げどく)と称し、肝臓の担う非常に大事な仕事の一つだと言えるでしょう。
むねやけが主訴の逆流性食道炎は、食事の欧米化やタバコを吸う事・アルコールを毎晩飲む事・肥満症などの生活習慣の質の低下、ストレスなどにより、ことさら日本人に多く発病している病気だということができます。
UV-B波は、UV-A波と比較すると波長が短いという性質があり、大気中に存在するオゾン層を通過する際に一部が吸収されるのですが、地表に達したUV-Bは肌の表皮の中で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、遺伝情報)を破壊するなど、皮膚に悪い影響をもたらすのです。
基礎代謝(Basal Metabolism)とは人間が動かずにじっとしていても燃焼するエネルギーのことですが、その半分以上を全身の筋肉・臓器の中で最も大きな肝臓・多量の糖質を必要とする脳が使うと考えられています。
急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、最も代表的な中耳炎で幼い子供によく発症します。強烈な耳の痛みや38度以上の高熱、鼓膜の腫れや炎症、耳漏(みみだれ)などのありとあらゆる症状が発生します。


ライブの開催されるスペースや踊るためのフロアなどに置かれた特大スピーカーのすぐ横で大きな音を聞いて耳が聞こえづらくなる症状を「急性音響性聴器障害(きゅうせいおんきょうせいちょうきしょうがい)」と言っています。
500以上もの働きを持つ肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが多く付着した脂肪肝(しぼうかん)という病気は、肝硬変を筆頭に色んな疾病の原因となる可能性があるのです。
緊張性頭痛というのは肩凝り、首のこりから生じる慢性頭痛で、「ギュッと締め付けられるような頭痛」「ズシッと重苦しいような鈍い痛み」と言い表されています。
UV-B波は、UV-A波に比べて波長が短いという特徴があるので大気中に存在しているオゾン層で一部分が吸収されるものの、地上まで届いたUV-B波は皮ふの表皮内で細胞のデオキシリボ核酸(Deoxyribo Nucleic Acid)を破壊するなど、皮膚に悪い影響を与えることになります。
必要な栄養素を網羅した食事や体を動かすことは当然のことですが、肉体や精神の健康や美を目的とし、特に欲しい栄養を補うために色々な成分のサプリメントを服用する事が常識になっているということです。


この記事を書いた人

ライター6

野上 航一郎

フリーライター。サプリメント大好きで色々試したり調査するのが趣味な健康オタク。猫より犬派。最近の趣味はキャンプで野山にいくこと。

ページの先頭へ